凝り固まってきた思考をほぐす3ステップ。思考や心にリラックスタイムを-

なんだか落ち着かないなー、やることはいっぱいあるんだけどなー、何からしていいかわからないなー、と思うことがたまにあると思います。

そんな心が疲れてるかな?思考が上手く回らないな、と思った時の思考をほぐし方について書いていきます。

目次
・思考が凝り固まってきてませんか?
・思考が凝り固まったときのほぐし方
・①時間を忘れる
・②何も考えないで風景を眺める
・③お茶を飲む

思考が凝り固まってきてませんか?

1つのことにのめり込み過ぎると思考が凝り固まってくることがあります。

同じルーティンの繰り返しで、変化がないために脳が考えることをやめてしまう感覚に陥ります。

また、ルーティンがなかったとしても、同じ分野の仕事を続けていると思考に偏りが生まれて、モノを見るときの新鮮さが失われます。

思考が凝り固まったときのほぐし方

やることは単純で、3つのステップをやります。

①時間を忘れる
②何も考えないで風景を眺める
③お茶を飲む

それぞれ細かく見てみましょう

①時間を忘れる

仕事が詰まっていて、怖くて時間なんて忘れてられないよ!という方は「まあ頑張ってもそこそこだし、しょうがねーから諦めちゃお」という気持ちになりましょう。笑

いや、それは無理っていう方は、時間を忘れる時間を作りましょう。多分こちらの方が現実的ですね。

例えば、今日の15:00から16:00は時間を忘れる時間!(時間を意識しない時間)という具合です。

16:00にアラームが鳴るようにすれば、時間を気にしないでいいようになると思います。

②何も考えないで風景を眺める

公園のベンチに座るなり、適当に森を散歩するなり、ベランダからぼーっと街を眺めるなりしてください。

ポイントは何も考えないことです。ただ目の前の風景、景色を眺めてください。そのうち、桜が綺麗だな〜とか、風が心地いいな〜とか、春の暖かい薫りがするな〜と思えてくると思います。

何も考えないとは言いましたが、考えないのはさっきまで抱えていた課題のことです。(厳密には今も抱えていますが、時間を忘れる時間ですので、俗世とは別の空間や次元にいると思ってください。)

目の前の風景を眺めて、感じて、思いついたことがあれば妄想にふけってもいいと思います。

③お茶を飲む

お茶でなくても好きな飲み物でいいと思います。ただしアルコールはやめましょう。

オススメは煎茶、抹茶、紅茶、コーヒーなどいい香りのするお茶類がいいと思います。

時間を忘れて、ぼーっと風景を眺めて、ゆっくりとお茶を飲みます。お茶の香りを楽しんで、お茶を下の上で転がして味を感じ、飲み込んで喉で潤いを感じます。

飲み物を飲むと純粋に落ち着くことができ、お茶類なら香りによるリラックス効果もあるのでいいです。

ふとした時にこの一連の流れを行うと、結構気持ちが澄んで晴れやかになれます。

何か疲れが溜まってる気がするなーと思ったら、ちょっと試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

忍者とは… 音もなく、臭いもなく、名が知られることもなく、勇者だと褒められることもない。その功績は天地を創造するように偉大だが、誰がやったか知られることはない。(-万川集海 序・問答ヨリ)

ありがとう!論より忍び-
2

きよし

プロダクトデザイナーのきよしです。デザインとパルクールと忍術を通して、暮らしをもっと楽しく!考えたことを発信していきます。/桑沢デザイン研究所PD卒業/パルクール講師/忍術研究/デザインなどのお話、ご意見、ご感想は→ ✉️design.kiyoshi@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。