きよえ氏の2018年振り返り

こんにちは、コネヒト社のきよえ氏です🙌
ママリという、ママの一歩を支えるブランドを育てるデザイナーさんです。

今日のおはなしは、「きよえ氏の2018年の振り返り」。

年の瀬なので、1年間の取り組みを通して感じたことを綴ってみようかと思います。久しぶりに会う親戚の話を聞くような気持ちで、ゆっくり読んでいただけると嬉しいです。

私の2018年は、"ブランド" を軸にいろんな意思決定に関わった1年でした。
去年まではアプリ内のUXやUIを考えることがメインだったお仕事が、今年はアプリをつくりつつ、新規サービス、リアルイベント、デザインチーム設計、組織体の設計、社内制度の………といったように、多種多様なメンバーで横断的に活動していました。

背景には、1月のブランド刷新と、2月のCM放映があります。それらがアクセルとなり、サービスも組織もぐんと成長したことで間口が広がって、様々な取り組みをスタートすることができました。

やってきたことを全部ことばに落とすのは難しかったので、今回は特に印象深いトピックスを2つ選んでみました。以下はそれについてお話ししてみようと思います。

【2018年の印象深いこと】
1. デザイナーチームと組織体づくり
2. 新しい取り組みを経て


1. デザイナーチームと組織体づくり


まずは今年、なによりも嬉しい出来事がありました。それは…

2人目のデザイナーさんが入社してくれたこと!!
やったぁぁぁ〜〜〜〜〜〜👏👏👏

彼女に初めて出会った日、まるで結婚相手に出会った瞬間の「ビビビッ」のように、一緒にママリをつくる風景が浮かんできました。
入社して半年が過ぎた今、彼女は私にとっても、チームにとっても力強い存在です。(本当にありがとう!)

デザイナーが2人になったので、私は「組織づくり」の一歩を踏み出しました。今後、何人・何十人ものデザイナーさんと共創していくことを見越して、組織体を変更するタイミングでCTOと相談し、より共創できる場をつくっていきました。

そうしてできたのが、CTO直下の部署。
エンジニア(一部)・デザイナ・カスタマーサクセスのチームを1つに束ねることで、全ての領域で、テクノロジー・デザイン・CXの力を組み合わせて "より良いデザイン" ができるように設計しました。まだ日が浅いので、良し悪しはわかりません。結果はまた別の機会に。

この活動を経て感じたのは、サービスの「作り手の場」をデザインすることは、ブランドの成長につながるということ。

サービスをつくっていると、ユーザーにいかに良い価値を届けるかに集中して、目線が "外" に向きがちです。もちろん良いこと。 だけど、たまには周りを見渡してみることも大切です。

当たり前だけど、サービスは "自分たち" でつくるもの。デザイナーだけ、開発チームだけではつくれません。だからみんなが共創しやすい良い環境をつくることは、良い価値を生み出す機会を生み出し、ブランドの成長につながる。
引き続き、新しいチーム、新しい部署でチャレンジしていこうと思います。

2. 新しい取り組みを経て


はじめにお話しましたが、今年は新しい取り組みがたくさんスタートしました。私もロゴデザインから新規サービスの立ち上げまで本当に色々手がけたので、振り返りもかねて今年の成果を一部ポートフォリオにまとめてみました。

まとめて分かったのは、ロゴだけでも合計10個つくったということ!
それだけ立ち上げることができたのは、ママリもコネヒトも大きく育っている証拠だなと、まるでわが子の成長を感じて喜ぶ母のように感慨深くなりました。

こうやって "ロゴ" という形で多く表現できたのは、リブランディング後の「デザインの意識」が組織の中で変わったからのように思います。

一般的に考えると、勉強会のロゴや、社内イベントのロゴってあまりつくらないじゃないですか。リソースかけづらいですよね。

でも私たちは、ブランドをつくる覚悟があるからこそ、それに紐づく活動の意味と想いを大切にしていて、しっかりステークホルダーに伝えたいという意識がある。だからそれを形にデザインした「ロゴ」の必要性を感じる。
素直に、ブランドの持つ力ってすごいなと感じました。


さいごに


今年は「ブランド」と言う言葉を1億回使ったといっても過言ではないくらい、それに向き合う1年でした。過言ですごめんなさい!

普段、抽象的なコトから具体化なモノまでをデザインしていると、自分の中で、自分のポジションがよく分からなくなってしまって、「私って、何者なんだろう?」とモヤモヤすることがありました。

今年の取り組みを通して、私はデザイナーとして「ブランドの想いを形にする」ことを人生かけてやっていきたいと感じたので、その想いを軸に、2019年は自分をみつける旅をしようと思います。みつかったらモヤモヤが晴れて、そうすると…最強になれるかもしれない!!!

具体的に何をやるかはまだ決まっていませんが、ママリを育てていくためには、ここらでママリを俯瞰してみれるようにならないとなという危機感があるので、別の"何か"をつくる経験を積んでいこうと考えています。どうしようかな〜。どなたか、人生相談させてください!


ではでは、これで振り返りはおしまいです。
今日のおはなしは、「きよえ氏の2018年の振り返り」でした!
読んでいただきありがとうございました。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年を!🐗




そのまえに、メリークリスマス!🎅🙌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい!スキしてくれてありがとうございます〜!
30

きよえ氏さん

デザイナー きよえ氏さん。ママリをつくってます。 http://kiyoeshi.design/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。