上場会社の経営破綻!その会社の株はどうなる?!

私はガーリックバターのついたラスクが好きでよく食べるのですが、山形に本社がある、ラスクで有名なシベールが17日、裁判所に民事再生手続きの開始を申し立てました。
同社のホームページのIR情報を見ても、その報道の中身が掲載されておらず、突然だった事情がわかりますね。

東京証券取引所は同社の株式を同日整理銘柄に指定し、原則1か月後の2月17日に上場廃止となります。
株主優待制度もあったので、昨年の8月31日現在の個人株主は7000人を超していましたが、自分の株式がどうなるのか気になるところですね。
一気に無価値になるわけではありません。整理銘柄として売買されますし、スポンサーが現れて、それを裁判所が評価し、事業を立て直す可能性もあります。
ただし、証券取引所で売買されなくなるということは確実なので、上場廃止後は上場株式としての流動性は極めて低いものとなってしまいます。

シベールは決算発表で継続企業の前提に関する重要事象等があると発表していました。
企業は個人と異なり永遠に続くという前提で株主に対して資産や損益の状況を報告しますが、赤字が続いたりすると、継続するという前提が崩れ、資産等を売却して清算する可能性が出てきます。
これが重要事象等です。
会社を監査している監査法人もそのようなリスクがあることを承知しておいてほしいと注意を促すことがあります。
程度が深刻な場合は決算書等に「継続企業の前提に関する疑義」の注記を載せて、株主に認識させるのです。

もちろん、そのような注記がついても業績が回復して、解消されることがありますので、全部が上場廃止になるわけではありませんが、他の銘柄よりも上場廃止になってしまう可能性は高いといえるでしょう。

東京商工リサーチ社の調査によると2018年9月期の決算までで、継続企業に関する重要事象があるとされる上場会社は33社で、より深刻な「継続企業の前提に関する注記」が付与されている企業は21社あります。

株式投資に当たっては、少なくてもこのようなリスク情報は確認する必要がありますね。

==========================
【💡ジャックスよりSTOCK POINTカード誕生💡】
毎月のお買い物でStockPointアプリで利用できるポイントがたまるカードです。
✨💳👇カード詳細はこちらをCheck!👇💳✨
http://www.jaccs.co.jp/stockpoint_lp1/
---------------------------------------------------------

💙💚💛👉アプリDLはこちらから👈🧡💜💖
https://www.stockpoint.co.jp/service/app/index.html

#日記 #写真 #イラスト #マンガ #ビジネス #note #投資 #コミュニケーション #スタートアップ #アプリ #学び #プレゼント #ベンチャー #アプリ開発 #ポイント  #ポイント投資  #エンジニア系記事まとめ #スタートアップ  #シベール #上場廃止 #民事再生手続き #経営破綻 #ラスク #経済 #ニュース 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
14
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。