【続き】インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。


当noteは、ブログ『居候男子』で書いた記事「インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方」で書いた内容の続きです。

hyphen,での見せ方の話なんかを書いています。


2つの見せ方の振り返り


ブログ記事の中で、実名顔出しによって伝えたいことを発信するインフルエンサー(属人性)文化には、大きく分けると二つの見せ方があると書きました。

一つは、受け手と伝えたいこととの間に自分を介入させる手法。

もう一つは、受け手と伝えたいこととの間に自分を介入させない手法。


詳細については、以下の記事をご覧ください。

外部リンク:インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方


2つの見せ方の問題点

この続きをみるには

この続き:1,370文字/画像1枚

【続き】インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

木津歩|居候男子

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

恐縮です。飲みでも行きますか。
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。