自分が経験した上で評価する

こんにちは^^

早くも3連休、2日目スタートですね。
何となく予定通りになりそうな予感がする、
そして本日のテーマの手書きが上手く書けて
ハッピーハッピーの栞:)です。

いやあ、3連休遠出している方々羨ましい〜
皆さん、充実していますね!

さて、今日のテーマは

「自分が経験した上で評価する」

皆さんもよく見た目やイメージだけで
決めつけてしまう経験ありませんか?

これは何事にも当てはまると思います。

人間関係で例えると
初対面の相手や浅い関わりしかない相手を
何となくイメージや雰囲気で

「こんな人なんだろうなあ〜」

と相手の特徴などを捉える。

しかし、
あくまでもそれは自分自身のイメージです。

深い関係になるにつれて、
イメージ通りの人なのか、
はたまた、自分とは合わない人だったのか、

それは最初の自分自身の捉え方によって、
変わってくると思います。

つまり、初めの固定観念をあまり持たない方が
いいかもしれませんね。

さて、ここからが本題です。

なぜ、このテーマにしたかと言うと
私は今日公務員について調べていました。

なぜなら、これから大学で公務員講習を受講する予定があるからです。

私と仲が良い友人なら疑問に思うに違いない。

え?公務員?
あんなに絶対公務員だけはなりたくない、
って断固拒否してたのに?

いやあ、参りました。笑

そうです、
私は就きたい職業が見つかっていない故に
公務員だけはなぜか明確に就きたくないと
決めていました。
しかし、それはあり得ないくらいの
私的な固定観念のイメージで決めつけていました。

以前両親と話したときに
公務員講習の案内が実家に届いて、
なぜだか、とりあえずやってみようかな〜と
思ったんですね。

自分でも正直よくわからないです。笑

とりあえず、今週説明会に行ってきました。

説明を聞いただけではあまり響かなかったので
今日、公務員のメリット、デメリットを
ネットで調べてみました。

参考までに載せておきますね。
自分との相性も兼ねて、笑

<メリット>
・様々な種類の仕事を経験できる。
(自治体経営、商業振興、医療、福祉、議会、
道路や橋を作る部署、農業、林業、文化振興)
どのような分野においても、こうやればスムーズに物事が進むという本質を見抜く目や手法を養える。
・仮に嫌な部署であっても定期的に異動可能
・数字に縛られない
・すごく大変だと言われるような仕事でも、
根性を出してひたすら頑張れば何とかなるケースが多い。つまり成果にこだわらない。
(うわあ、これはまさに私に当てはまる)
・出世は40歳を過ぎるまで横並び、同期たちとの格差を感じない。
・年功序列
・育休、産休の充実

<デメリット>
・3から4年で異動するため、一つの物事を極められない。
(今までの過程でいろんなことに手をつけたくなる自分にとっては、あってるかも)
・数字というプレッシャーがない分、あまり成長を期待できない。
(んー、これは微妙かも。自分の成長を日々実感できた方がやりがいがある)
・世間の目が厳しい
(いや、これは二の次)
・前例踏襲の考え方が染み付いており、
組織風土的に新たなことがやりづらい
(ちょっとこれは悩みどころ。自分のアイディアを仕事に反映させたい欲があるからなあ)

こんな感じですね〜。

でも、自分これ調べてるときに思ったんですよ

こんなメリット、デメリット調べて、
それだけで決めつけるのはやめようと。

自分が公務員になって経験してもないのに、
やる前から決めつけるのは違うかなと思いました。

てことで、とりあえず勉強してみようかなと。
大学2年、そんな感じの感覚でトライするのも
アリですよね。

目標を立てて、それが全てとは限りません。
いつ、どこで、大きなきっかけに出会うかも
わからない。
もしかしたら、1年後、
公務員以上に就きたい職業が見つかるかも…
実体験として、現在四大に通っていますが、
高校一年生のときは歯科専門学校を目指していました。笑
人生なにがあるかわかりませんね。

何となくでやってみる時間があるのは
四大のいいところかも。

皆さんも軽い気持ちで、
是非何かをトライしてみては?

やってみてから、経験してみてから
評価してみましょう^^

#3連休
#コラム
#公務員
#経験談
#評価
#メリット
#デメリット
#書道
#挑戦
#就職
#楽しさ
#ペン字
#手書き
#人間
#暖かさ
#信頼
#平和
#生き方
#日課
#エッセイ
#心
#心境
#note
#日記

7月14日(日)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

栞:)

こんにちは^^大学2年。言動や行動や考え方が日をまたぐにつれて良し悪し変化します。noteを「自分を映し出す鏡」として発信します。毎日継続投稿。趣味程度で筆ペン書道をはじめました。栞:note書道部)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。