見出し画像

ただの日記で終わらないためのnote販売システム『0→1』

皆さんこんにちは、Kです。

今回は「0から1を生み出す方法」を公開します。


本業以外で稼いだことがない人は必見です。


まずは「0から1を生み出す」というフレーズの『0』が一体どのような意味を示すのかを説明します。


『0』というのは「会社に勤務してお金を稼いでいる状態」のことを指します。

つまり、誰もが知っている普通のバイト正社員となって、会社のために働いて労働賃金を得るしかお金を手に入れる方法を知らないというのが『0』の段階です。

「お金を手に入れる=どこかの会社に雇ってもらい、働く」ということしか頭にない状態。


じゃあ『1』ってなんなんだ?

このようにあなたは疑問に思ったはずです。なので『1』とは何かについても説明したいと思います。


端的に話すと『1』とは「本業以外でも稼げている状態」のことです。

つまり、会社で働いてお金を手に入れる以外の収入源を確保しているという世界に突入している人のことを指しますね。


この『1』の種類はたくさんあります。

・株式

・債券

・不動産

・ユーチューブ

・note

などが該当します。


上記にあげたものは全て異なる種類の『1』です。

今回は「note」の『1』についてお話させていただきます。


この方法を理解することにより実績が何もない人でも有料記事を買ってもらえるようになります。実際に、何も実績がないただの大学生であるわたしでも記事を買ってもらえるようになりました。

世の中にでている缶ジュースやおにぎりなどの低単価の商品と同等、またはそれ以上の評価を受けることに成功したのです。しかも、企業のような大きな信頼性がないのにもかかわらず購入してくださります。

つまり、それだけわたしの記事に「価値」があるということになります。


商品の価値は需要で決まります。たとえば、仮に世界の人口が100人だとして100人全員が大人気商品であるコカコーラを買いたいと思っています。定価は120円なのですが、これだけの需要があるならと考えた売り手は一気に500円に値上げしました。それでもコーラを渇望している消費者は500円でもいいから買いたいと、店に殺到してわずか5分で完売しました。

このように、消費者がのどから手がでるほど欲しているものは需要が最大限に達しているといえ、たとえその欲しい商品がいくら高額になろうと購買意欲に歯止めがききません。オークションを想像してもらえればわかると思いますが、価値ある商品を手に入れたいがために、さらに入札希望者同士で商品の価値を高めあいます。自分が購入するためには、他の入札希望者よりも良い購入条件を提示しなければいけませんからね。

要は、価値を感じる商品にはお金をだしてもいいし、需要のある商品の供給数が少なければ、購入できない人がでてくるので、価値はおのずと向上するということです。


私の記事は、数に制限はなく、希少性による価値の向上はないのですが、記事自体に価値を感じてもらえている状態なので500円でも購入してもらえています。


当記事は、特異的なブランディング方法短期間で100万円稼げる方法などの紹介ではありませんが、noteはじめたての私だったら絶対に知っておきたかった、確実に知っておいて損はないnoteで稼ぐための仕組みをあなたに特別に紹介します。


この内容をnoteはじめたての頃に知っておかないと、あなたがコンテンツを生み出していく途中で、大きなブランディングミスに陥る恐れがでてきます。現にわたしはこの仕組みを当初知らなかったために、無駄な時間とお金を費やすことになりました。


それほどこの「noteで稼ぐための仕組み」を知っておくことは非常に重要であると言えます。


現状、この仕組みに気づけているユーザーはごくわずかです。

なのでこの記事では、あなたのブランドを高めるためにも「実績がない人が知っておくべきこと」「社会的な実績がある人でもnoteで有料コンテンツを販売するために知っておくべきこと」を執筆します。


【留意事項】
当記事は「本気でnoteに取り組める方」のみオススメします。途中でnoteの更新に飽きてしまいそうな方の購入はお控えください。目安として、一ヶ月で8記事ほど更新できて、なおかつnoteを楽しめるのであれば十分もとは取れる内容となっています。
当記事の価格は「500円」です。当記事が含まれるマガジン「登竜門」の価格は「300円」となっておりますので、非常にお買い得です。マガジン登竜門の価値が向上してきたので10月1日に誠に勝手ながら申し訳ありませんが、マガジン本体価格を「500円」に値上げします。
ですので、購入を検討している方はお早めにお買い求めください。
他にご不明な点がございましたら、直接わたしのツイッターで質問するか、下記のQ&Aをご覧ください。
https://note.mu/kkk_jp/n/nb8027a1c114c


それでは購入者の方、授業を始めます。



この続きをみるには

この続き:3,744文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは月に4回以上コンテンツを追加いたします。役に立つ情報しか公開しません。

登竜門

500円

一度このマガジンを買ってもらえれば、既存のコンテンツから追加されるコンテンツの全てを無料で閲覧できるようになるので、単品で購入されるよ...

または、記事単体で購入する

ただの日記で終わらないためのnote販売システム『0→1』

Kくん

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

『noteの教科書の人』 誰でも会得可能なビジネス関係の「良質」な情報をお届けします!noteで稼いでもらうことを目的とした強固なサポート体制により、より効率的にあなたの価値を高めていきます! 「支える力」では誰にも負けません。

とても嬉しいです!これからもよろしくお願いします。
32

Kくん

『価値のある情報を提供し、世界中に自信を』の自己理念のもと、情報を発信しています!専攻は法律ですが、ビジネス関係をメインに記事を作成していきます。noteマネタイズ化に成功した、実績0→1をつくった経験をどんどん広めていきます。仕事依頼➡︎a3.c.vb.1@gmail.com

登竜門

一度このマガジンを買ってもらえれば、既存のコンテンツから追加されるコンテンツの全てを無料で閲覧できるようになるので、単品で購入されるよりもはるかにお得です。 noteに関するノウハウや私のマインドを公開していく予定です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。