『起業したくなったら:浜口隆則著者』を読んで感じたこと


最近よく学生間の会話で「起業する」という言葉を耳にするが、この著書を読んで改めて、簡単には口にしてはいけない言葉だということを感じた。

起業するということはビジネスモデル営業力会社を管理する能力が必要であるというのに、そのような具体的なところまで話が進んでいないのにもかかわらず、ただその場でのひらめきで起業を考えてはいけない。

やるからには、満遍なく考えて行動するか、大事な部分のみを考えて行動するかの二択だ。

そして表面上だけの浅い考えだけでなく、中枢部の深いところまで思考を張り巡らして「社会のために」という信念の元に動かなくては、ビジネスは失敗に終わるだろう。仮に成功したとしてもそれは継続的なものではなく、短期的な成功になるだろう。それは一定の考えや思いがビジョンに繋がるからだ。


このように、いかに起業前の準備が大切であるかがわかる。

これは浜口隆則さんが犯した失敗から、みんなにはそうなってほしくないという「切実な」声だといえる。そして著書は、「起業したいと考えている人にとって必要とされるもの」である。

起業したいと考えている人向けの、実に需要と供給が適った本であろう。


本記事では、「起業したくなったら」の一部を抜粋して、私の考えを取り入れたものだ。ぜひあなたにも起業する気があるのなら見てほしい。


この続きをみるには

この続き:2,057文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは月に4回以上コンテンツを追加いたします。そのため、記事を単品で購入するよりかは遥かにお得です。

登竜門

300円

一度このマガジンを買ってもらえれば、追加コンテンツも無料で閲覧できます。 初めにお断りを入れておきますが、300円の価値にはまだ満たな...

または、記事単体で購入する

『起業したくなったら:浜口隆則著者』を読んで感じたこと

Kくん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ビジネスについての記事を掲載しています。ゆっくりしていってください。

Thank you!
25

Kくん

知識の共有をテーマにnoteを始めました!専攻は法律ですが、ビジネス関係をメインに記事を作成していきます。Twitterアカウント→https://twitter.com/k_hierarchy noteでは明かさない情報や記事の投稿を随時お知らせします。

登竜門

一度このマガジンを買ってもらえれば、追加コンテンツも無料で閲覧できます。 初めにお断りを入れておきますが、300円の価値にはまだ満たないのでご了承ください。これから徐々に価値を高めていきます。 Kのマインドやこれからの狙い目などを発信していく予定です。