仮想通貨と暗号資産のネーミングについて考える。

G20って、なんか偉い人があつまる会議があって、クリプトカレンシーな話がいろいろでて、規制だ規制だなんて前哨戦で盛り上がったけど、そもそも仮想通貨は、圧倒的に国力で潰しにかかるほど、大きな存在じゃないから無視しよーぜ。ひとまず、

んで、仕込み終わった頃にもう一回話し合おう。ってテンションで終わったように見えた。

そんななかで、

仮想通貨は、通貨としての機能に欠陥がある場合通貨じゃない。みたいなことも言われてた。

じーとぅうえんてぃー

けっこーネーミングって大事で、
暗号資産。

って言葉は流行るのかしら。
というか、僕的には、

そろそろ仮想通貨ってざっくりしたクリプトカレンシーを少なくとも2つに分けたほーがええと思う。

ビットコイン的な思想の仮想通貨と、

企業が主体の企業トークン。(暗号資産)

この2つが、ごちゃ混ぜに語られているから、なんかめちゃくちゃややこしいというか、
気にしてない人にとっては、全てが仮想通貨のニュースであってもちろんそれをコントロールして、価格を上手に操作してるわけで、規制かけるほど大きな存在じゃないから、操作しようが、変な情報流そうが関係ナッし。

そんなあれくれた仮想通貨の世界ですが、
あれてるべきと言うか、

法定通貨との出入り口に対して規制する、整えるのは大賛成ですが、
ビットコイン自体は、
世界を破壊しないかぎり、止まったり思うように動かすことは、非常に困難です。

そーゆー、今までの価値観から考えるんじゃなくて、未来の形から考える、既存の価値の動線とは明らかにレイヤーが違う存在と、

既存のシステムを拡張したというか、バージョンアップといいますか、現在の延長線上にあると思われる企業トークンは、

まったくの別物として、
まず、なにより優先してネーミングを変える必要があると思います笑

という話。

暗号資産(=゜ω゜)…

とりあえず、トークンはかっこいいから、
トークンとかええなぁ。でも、
海外だとビットコイントークンとか、なんだろ、トークンじゃふわっとしすぎてるというか。

クリプトアセット(=゜ω゜)
フォトショからもってきて…笑

アセットもレイヤーもフォトショで使う言葉だし笑

ドロップシャドウ(=゜ω゜)

クリプトカレンシーと、ドロップシャドウでどうでしょうか。

レレレ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

シェア!シェア!o(`ω´ )o
4

青村青邨

日々の感想、

毎日をちゃんと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。