フィクションドキュメンタリーだっためちゃイケが終わるし、イッテQとの比較だし

悲しい。

僕はフィクションドキュメンタリーが好きだ。

めちゃイケはフィクションドキュメンタリーだと思って見ていた。

公にフィクションです。
っていって中居正広さんと、99さんでやってるスペシャルもある。

でも、めちゃイケは普段からフィクションドキュメンタリーだ。

構成は大体決まっているし、
それが20年前は新しかった。し、じゃー今のバラエティーであるか。っていうと、近いのは

「世界の果てまでイッテQ」

だと思う。
ただ、表現が違う。

根元は同じ。
クオリティの高い番組を。めっちゃ時間と労力をかけてつくりあげる。

そして、ガチ。
同じ。

一回分の筋書きは、頭から最後までしっかり組まれているけど、タレントの見せ場に関しては力量に任せるスタイル。
だし、基本コント。

シチュエーションが与えられて、
ガチでボケる。
本気でボケる。

ひとりの人間が圧倒的にがんばって、
そこから生まれる笑いを一話完結です構成して、バラエティーに仕上げてるのは同じだと思う。

んで、イモトさんパワー。
と、岡村さんの若い頃のパワーは同じだと思う。

ただ、めちゃイケは笑えなくなったんだと思う。

1つはやっぱりめちゃイケのフォーマットだと、イッテQくらいの若さ(肉体的な体力的な)は必要になるんだと、思う。

構成された台本の中のハプニングが売りだったのに、ハプニングも予定調和になってしまったこと。

笑いどころが、わからなくなったこと。
多分、イッテQのワイプ、スタジオの役割だと思うけど、あそこで内村さんとかが笑ってるから笑いどころがわかるし、本人が笑ってるから、めっちゃ過酷なことでも笑える。

めちゃイケは、ワイプがないから、
本人たちのコントの表情で笑って良いのか判断しなきゃいけない。
でも、コントを知らない人たちが増えて、
そもそも全面的にコントです。

って言ってないめちゃイケは、とても笑うのが難しい。あの、怪我したんじゃないかってくらいの打撲も、ワイプで本人が笑っていれば安心して笑えるけど、
痛そうな本人で終わると大丈夫だったのか?炎上だ!で、終わる。
ある意味楽しみ方が、変わったとすれば、
炎上で押せば、時代の最先端だったのになーって。
話が逸れましたが。

企業が、炎上の効果を実感して、
そーゆーアプローチの会社が広告出す。っていうシステムが出来上がれば、あと三、四年かかるかもしれないけど、
そんなタイミングだったら、まためちゃイケみたいな、キリキリする感じの笑いはまた受けるんじゃないかな。

あー、それた笑

ということで、
やっぱりめちゃイケは、好きだった。
でも最近みなくなった。

終わる理由はそーゆーことなんだと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう

青村青邨

日々の感想、

毎日をちゃんと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。