IoTセンサー値から、TensorFlowの線形回帰で未来予測値を計算する。機械学習の入門編

■ 概要

tensorFlow/機械学習の関連になります。
最近、機械学習を調査する機会があったので。勉強ついでに応用アプリを検討しましたので
メモしたいと思います。
tensorFlowの調査で 統計学や、ニューラルネットワークの神経回路等の医学的な説明が
多くあり、理解するにあたってハードルが高かったのですが。
理論的な説明より。なるべくコード説明されている記事を探して勉強しました。

内容は、比較的簡単な機械学習の初心者向け
前半、tensorFlow のtutorialに近い内容
後半、応用例として IoTデータをトレーニングデータ用とした、
予測値の計算機能としています。

■ 関連のページさま

https://www.tensorflow.org/get_started/get_started

■ 環境 (win7)

python 3.5.2
tensorFlow 1.1
線形回帰モデルを使用

■ 免責事項 / 注記


内容について動作確認しておりますが、
利用者様の環境で正常動作しない可能性もあります。
動作保証は対応しません。
参考または、開発アイデア等に活用して頂ければと思います。

コメントについては確認させて頂きますが。
内容によって回答できない場合があります。

■ 続きの内容


code説明
github へのリンク
グラフ表示、出力
その他

この続きをみるには

この続き:1,914文字/画像3枚

IoTセンサー値から、TensorFlowの線形回帰で未来予測値を計算する。機械学習の入門編

knaka Tech-Blog

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

knaka Tech-Blog

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。