電池1本駆動、BLE バッテリー小型化編 #IoT

■ 概要

BLE子機で電池の小型化を検討してみました。

電源: 単三の1本 (ニッケル水素 1.2V) + 5V昇圧IC
この場合 昇圧IC 出力側の電流値は低めになりましたので、調整はやや難航しました。
起動時の不安定な部分が残件としてありますので
あまりオススメできる内容でないのですが、
安定してきたので公開したいと思います。

■ BLE周辺の部品


電解コンデンサ : 1000u
5V昇圧: http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08619/
電池BOX : 単三× 1本用
LM60BIZ アナログ温度センサ

*) 制御マイコンは、前回と同じベース基板を使用しています。

RN4020使用 Bluetooth Low Energy モジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-11102/


■ トラブルシュート


起動時は、マイコンの強制終了の現象が数回発生しましたが、
(電圧ドロップを予想しています。 )
BLE起動時の消費電力がこの回路ではやや大目の為、
電源を投入したまま。ソケットからBLEモジュールを外して、
数分(1-2 分)放置し、追加した電解コンデンサの蓄電を
増やした後、リセットかけると2回目以降は稼動できました。

*1) 基板としては、良くないのですが。。
*2) 初回起動、電池入れ替え等の場合の不具合です

■ 免責事項 / 注記


内容について動作確認しておりますが、
利用者様の環境で正常動作しない可能性もあります。
動作保証は対応しません。
参考または、開発アイデア等に活用して頂ければと思います。

コメントについては確認させて頂きますが。
内容によって回答できない場合があります。


■ 続きの内容


ドライバ , github のリンク
基板の写真
その他

この続きをみるには

この続き:1,143文字/画像9枚

電池1本駆動、BLE バッテリー小型化編 #IoT

knaka Tech-Blog

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

knaka Tech-Blog

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。