シンクロニシティ

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」という意味で、全く関係のない「心と物」が偶然に共振(シンクロ)することであり、「あなたの『内の世界』と『外の世界』が一致すること。」とも言い換えられる。
身近な例を抜粋すると「電話をかけようと思っていた相手が、偶然にも自宅を訪れた」、「前から読みたいと思っていた本を、友達からプレゼントされた」などが挙げられる。これならピンときた人もいるだろう。

改めて考えてみると、この現象には『内の世界』が重要となる。
あなたの行動や考えがその軸になるからだ。

しかし、この『内の世界』というのは第三者の思考が影響を与えて変化しうるものでもある。それは例えば、「自己啓発の本を読んで感動し、本を読んだ後に行動や考え方に何らかの変化が起きる」なんて場合である。

興味深いのは、このときは第三者の思いが『内の世界』になり、あなたの行動が『外の世界』になるということである。

第三者になって想いをデザインする。to context design.

参考:http://unwaru.com/synchronicity


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。