宇宙少年よ、NASAは宇宙のすべてじゃない!

 旅の中で特定の何かを感じようとするのは案外とむずかしい。

 IT大国エストニアを旅行してみたけど数日滞在してみたくらいでは特別に何か思うことはなかったし、宇宙産業のシリコンバレーを目指すルクセンブルクを旅行してみても歩いてるだけではやっぱり「宇宙」は感じ取れなかった。

「○○×旅」ってキャッチーだけどむずかしいよね!

 宇宙少女ことこはるんが特に仲がいいわけでもない人に勝手におせっかいするコーナー、まさか本当に2回目があるとは思わなかった……

 今回おせっかいしたいと思うのは、宇宙をめざしているという石崎くん!

 わたしは今回彼に嫌われる覚悟で書いている。というかおせっかい宇宙ババアだからもう嫌われてるかもしれないけど別にいい。そんなことよりも誰かが宇宙を舞台に活躍してくれるほうが楽しいし。


 彼と知り合った……といっても顔を合わせたことはないのだけど、そのきっかけはわたしのツイートをいいねしてくれたこと。それでプロフィール見に行ったら「宇宙」と書いてあって、しかも世界一周をしているというのだからもう話しかけられずにはいられないよね!

 そして偶然その翌日に石崎くんがTwitterでスポンサーを募集していたからさっそく名乗り出た。わたしも実は以前とあるコンテストの副賞で旅費10万円をもらったことがあって、数か月前にそれを使って宇宙をテーマにヨーロッパ横断の旅をしたばかりだった。

 大学生にとっての10万円は意外と高い。10万円でわたしは10ヵ国も周ることができたし、なによりもあの責任感と応援がなかったらわたしの旅はもっとすっからかんになっていたと思う。「宇宙」がテーマという親近感とわたしがカバーできていないヨーロッパ以外の国の宇宙にもぜひ触れてきてほしいという気持ちがいっぱいで、同額(まあ仮想通貨だけど…)をすぐにわたせるように腹をくくった。(超押しつけがましいごめんなさい)

 

それでまたメッセージを送ってみたのだけど、いまの彼に必要なものは10万円よりもアイディアだと気づいた。

 

 というのも「宇宙にどうしていきたいのか」と聞いたときにわたしは彼の情熱はわかったのだけど、情熱しかわからなかった。

 それから旅のプランを聞いたときにメインは「NASA」だと教えてくれた。わたしはここでガクんときてしまった……。これは本当にわたしのわがままで個人的な気持ちなのだけれど、

NASAをメインになんかするな!

NASAを超えるメインをつくれ!!!!

 わたしも2年前にケネディー宇宙センターに行ったことがある。わたしにとって宇宙飛行士はヒーローだったけれど、殉職した宇宙飛行士たちの遺品をみて、メモリアルの前に立って、はじめて彼らは宇宙飛行士である前に一人の人間だったことをやっと心が理解した。宇宙法を学びたい理由が増えた。あの悲しみを乗り越えたアメリカの姿はどれだけネットで読んでも誰かに話を聞いても、一度行ってみることにはかなわない。NASAの宇宙センターは最高、行くべきだ。

でも!!!

 飛行機がどれだけ安くなっても、2018年の、21歳の世界一周は一度きり!

 旅をするのなら!世界一周に行くのなら!!!

もっと面白い旅をしろーーーーー!!!!!!

 例えば道端の人に「宇宙ってどう思う?」って聞いてみるだけでもきっと面白い。言語も宗教も文化も違う彼らが宇宙についてどう考えているのか、世界中で聞いて周れたらきっと面白い。そこからわかる現地の宇宙ビジネスの話だったりを辿っていくのも素敵だと思う。わたしはアイディアマンではないから一度にそんなに例はあげられないけど、きっと君次第でもっと面白くなるよ!

 ねえ、本当にNASAがメインでいいと!?

 NASAの宇宙センターってチケット買えば誰でも入れるんだよ。笑

 きっと他の人に、「宇宙×世界一周」といえばそれだけで面白いと言ってもらえると思う。だからこそ宇宙好きのわたしがあえて言った。

 旅をしているときは旅人という肩書きがあるのだから無理に何かになろうとする必要なんてない。宇宙という言葉はとても眩しいからのみこまれないで、気を付けていってらっしゃいーー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スパシーバ!(ロシア語でありがとう!)
19

宇宙少女の銀河の果てからおせっかい

特に仲のいいわけでもない人に宇宙少女こと こはるんが「あーだ、こうだ」おせっかいをするだけのnote。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。