koala

エッセイや小説を書いています。紅茶とファンタジーと星占いが好き。月星座はてんびん座。さらっとバランス良いのが好みです

君と、二度目の二人旅

Googleフォトが、数年前の今日の写真、を紹介してきた。

君と二人旅したときの写真。もう、そんなに経つんだ。あのとき私は結婚したばかりで、君は東京に向かう前だった。
二人とも偶然、何もしていない空白期間が重なって、せっかくだから私たちは二人で旅行することにした。旅行どころか、二人で出かけるなんて久しぶり。異性のきょうだいなんて、そんなものなのかもしれない。

ちょっと照れくさく、ちょっと面倒く

もっとみる
ありがとうございます!いい一日になりますように
19

真夜中の間食

産院の夕食には、「間食としてお食べください」というメモと共にヨーグルトがついていた。

間食?
病院が夜の間食を推奨するの?

不思議な気分になりながら冷蔵庫にヨーグルトをしまった。

その日から母子同室がはじまって、さっそく夜泣きの洗礼を受けることになる。

あんなに昼間すやすや寝ていたのが嘘のように、ベッドに置いた途端泣き出す赤ちゃん。

授乳して、寝かしつけて、ベッドに置いて。
一息ついたら

もっとみる

掌編◆明日、元気に過ごせますように

夕食後、さてデザートを。
とスプーンを握ったとき、父から電話があった。

「母さんが倒れた」

呆然と電話を切ったあと、目に入ったのはテーブルにおいたままの、ヨーグルト。

「明日元気に過ごせるお守り」
いつかの母の声が蘇る。



中学生のとき、部活のプレッシャーやクラスの人間関係、進路への不安が重なって、ふさぎ込んでいた時期がある。ついでに私はストレスがお腹にくるタイプで、そのことが悩みに追

もっとみる

春の夜ぬるい海

春の夜に散歩をすると、水の中を泳いでいる気分になった。

冷たくも熱くもない、ぬるい水の中。
誰も道にいないのをみはからって、クロールみたいに両手を交互に動かしてみる。

私の好きな物語の中に、現実世界と見えない世界の境目に水が満ちているという描写があって、その物語を、春の夜にはいつも思い出してしまう。

春になると水にのって、たくさんの生命がやってきて、世界のはざまで繁殖してうごめくのだ。

-

もっとみる
ありがとうございます!いい一日になりますように
29

研究所を卒業した、私からは以上です

一年通った研究所の卒業は、あっけなく、と言っていいのか、思いがけないときにやってきた。

夏のバケーション、私は研究所を離れて過ごした。こう暑いと研究も進まない気がしたから思い切って休暇をとったのだ。所長もおおむね賛成していたと思う。

バケーションが終わり、小麦色に焼けたたま、私は研究所を訪れた。覚悟はできていた。研究は、いよいよ最終段階に近づいていたのだ。
多額の費用がかかる大プロジェクト。成

もっとみる

研究所帰りの、私からは以上です

研究所に通って半年が経った。
前に書いた手記は、日付を書いていなかったから確かではないけど、たぶん半年は経っていて、一年はまだ経っていない。
日付を書かない手記に意味はあったのだろうかとも思う。

研究所通いにはすっかり慣れてしまった。
ランダムに呼ばれると思っていたのも、ちゃんとリズムがあると分かった。リズムに乗れば、負担は少なくなるものだ。

どこかの国の舞踏を習うときと一緒。
聴き慣れない音

もっとみる