もう均質化できない私たち

中高生のころは
「一日何時間勉強してる?」
「夏季講習何個とる?」
なんて質問にも意味があった。

だいたい同じくらいの学力で、同じ学費を払ってもらっていて、同じような進路を目指しているのだから。

だけど、30歳になる私たちには、その均質化の質問は意味がない。

ライフステージがそれぞれ違うのはもちろんだけど、一見同じなステージであったって、もう見ているものは違う。

自分と同年齢の主婦の人に、「家事にどれくらい時間かけてる?」という風に質問をうけた。

平均値を出して安心したいのかなと思ったから、だいたいを答えたけど。
本当は、均質化なんてそんなことはもう出来ないんだよと、答えたかった。

子どもの有無、仕事の有無はもちろん。
世帯年収、夫の年齢、実家との距離感、スーパーへの物理的距離だって違うし、
どんな家族になっていくかのビジョンだって違うと思う。

私は極力家事の時間は減らしてるから、家事を丁寧にしたい風なその人とは、根本的に違うと思うんだけどなぁ。

もうなにもかもを均質化して、それで安心することは終わりにしないといけない。

だから、私も質問するときには気をつけないとと思う。

でも、そしたら何を話せばいいんだろう。
みんな違う中で、何て会話したら楽しいのかな?

思えばほとんどそういう会話で共感や安心を得てきたから、今から何を話すのがいいのか分からない。

だけどこのままじゃ噛み合わなくて気持ち悪いから。

お互いの今を認め合い楽しくいられる会話を、
もう均質化しなくていい会話を、私は今探し中。

#エッセイ #アラサー #主婦

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしも「いいな」と思われたら、ぜひサポートお願いします♩ZINE作成の資金にさせていただきます。

ありがとうございます!いい一日になりますように
55

koala

エッセイ

仕事、生活、年、ファッション、人、思うこと。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

亀野さん、コメント気づくのが遅くなりすみません💦定年後も楽しく過ごすために、会社とは別の居場所、肩書でないもので繋がる場面を持っておくのが大切なのかもしれませんね。趣味の繋がりや地域の集まり、面倒くさがらずに少しずつ作っていきたいなと思えます^ ^
日本人、本当に会社(と少々家庭)だけという感じですね!「職場・家庭のことは話さないことがルール」な料理教室なんかもあるというのを聞き、そういう工夫も面白いなと思いました。私だったら会話に困ってしまいそうです!幅広い価値観、話題を見つけられるようになりたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。