見出し画像

表現のすゝめ。


通常の社会生活に
ドクターストップがかかってから
早1週間…

飾らずに言えば、焦燥感はあって。

昔からマグロのように、
止まれない人間だった。
ワークホリック”とでもいうのかな。

とにかく何かしていないと不安
生産性のないことは大嫌いで。

頭の中も、思考回路が
常に多忙を極めていた。

にも関わらず今では
こうして等身大のブログを書いたり
元々絵が好きだったので
イラストを描いたり
写真をとったり

そういうことを始めてみたわけで。

(昨日は夢中になって
やっていたら朝でした🙋‍♀️笑)

こんな時間、初めて過ごしてる。

罪悪が皆無なわけではないけど
とっても心が軽くなっていく感覚があるの。

役者、モデル、シンガーソングライター。

つまりは表現者として
今まで走ってきたけど、
表現すること
の“本当の意味”を
今初めて感じられてる気がする。

結局今までは
「役者仲間やファンからどう見られるか、
ニーズにどう返していくべきか」など
他者の眼の中の自分”ばかりに
こだわっていただけだった。

でも、文章や絵や写真…etc.
何か作品作りに没頭している時間は
[自分自身だけとの時間]なの。

ーー沈黙の対話ーー

私は何故か、
泣いている女の子の絵をよく描く。

なんでだろう…と考える。

以前の記事で
【人が心を病む理由】として
隠された憎しみが
表面化している
」と書いた。

ーその憎しみの表現方法として
自傷行為やうつ病など、
様々な心の病がうまれているー、と。

もう一度考える。

私は何故か、
泣いている女の子をよく描く。

そう。

アートやものづくりなどの「表現」とは、
無意識の領域で自分の根本にある欲求を
映すものなんだ。


ーーーこりゃあいい。

表現することは、
大人達が抱く幼児的欲求を
社会的に合法な感じで
表す術なんだね。

一般社会のあらぬ良識にモノ言えず
流しそびれた涙の分だけ
アートは発展してゆくのかな。

ーーーー

自分の中に無意識的に隠してある
痛みや、憎しみ、寂しさ、喜び…
どうか表現してみてください。

そこには
モラルも秩序も常識も要らない、
自分自身だけとの対話の時間。
安心・安全な場所。

そして、気付いてあげて欲しい。
年甲斐もなくワガママで、
滑稽で、稚拙で、醜くて…
だけど何より、美しく、尊く、
愛されるべき“本来の自分”に。


**元来の自分を押し殺し
[いい人仮面]着用こそ正義、
と助長される、我が国の社会を
生きながらえる皆様。

アーティストであるべし。

著・福沢エリ吉。←**


#夢 #カウンセリング #カウンセラー #精神病 #心の病 #摂食障害 #自傷行為 #不安障害 #神経症 #双極性障害 #不安神経症 #ワークホリック #メンタルヘルス #メンタル #イラスト #アート #アーティスト #表現 #モデル #役者 #歌手 #エッセイ #コラム #心理学 #選択理論 #アドラー心理学 #哲学 #生き方 #等身大 #ノンフィクション #小林永莉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

心からの感謝を込めて☺️
12

小林 永莉

【役者/モデル/歌手/アーティスト】は肩書き。本来の自分を生きる為ブログ書きます。自身の人生と、心理学などの学問を実践し体感してきたことを嘘偽りなくシェアします。📮取材・作品出演etc.ご依頼はこちらから▶︎blue.moon.ellie@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。