見出し画像

アイデンティティの義務化。


最近は“ポジティブ病”と言われる程、
“ポジティブ思考”が流行性格。

自己啓発本などの影響かな。

私も多くの書籍を読んできました。

しかし、そのポジティブ思考によって
孤独に追いやられた自分もいました。

・何もかも自分の考え方次第!
・プラスに考えればプラスを引き寄せる!
・ネガティブ側面は考えない!

このような考え方に改め、
生活が一変した方も居ると思う。

私も、一時期はそうなって、
ポジティブでエネルギッシュな
人間として、どんどん走っていった。

周りから見たら、ギラギラしてただろうし、
無敵の精神を手に入れたような感覚だった。

🔶悪いことが起こったって
“これは自分の責任だ”と
傷付かない選択をした。
ーーそしたら笑えたし、物事は進んだ。

🔶環境や人のせいにするのは“悪”で、
目的以外は見て見ぬ振り。
ーーそしたら人のことを嫌わずに済んで
物事は進んだ。

代償は、**自分を嫌いになっていくことだった。
**
でもそんなこと、自分がこの精神で入手した
プラスの出来事やコミュニティを維持するためには
取るに足らない安い対価だった。

「あぁ、こりゃあいいや」


そうやって、弱虫の自分に蓋をして
走り続けた先にはーーーー

愛も信頼も、意味も、
何もなかった。

*****

確かに「所属の欲求」というものは
人間の根幹をなす欲求です。
それを脅かされる時、強烈な恐怖心を伴う。

大衆に紛れぬことを選ぶのは、容易ではない。

しかし、それでもーーーーー

「ネガティブ思考」や「メンヘラ」
などと、安易に後ろ指をさされてしまう
現代社会に警告したい。⚠︎

もしあなたが今、
少しでも心当たりがあるのなら
どうか壊れてしまう前に、一瞬でいい、
自分と話し合ってみて欲しいな。

走ることはもちろん必要です。
叶えたい何かがあるなら。
時には自分を曲げてでも、
受け入れなきゃいけないこともある。

けど、自分の弱さに蓋をしたり
自分の感情を置き去りにするのだけは
どうかもう、やめてあげて欲しいです。

一時の、偽りの“プラス”に陶酔してしまわないで。

もちろん、自己啓発を否定したいわけじゃない。
優れた学びであることは事実だと思う。

ただ、自己啓発で得た知識は、
諸刃の剣にもなり得るという事を伝えたいです。

ーーー追伸🌈**ーーー

例え同じ荷物でも、
像が運んだ荷物と、
蟻が運んだ荷物じゃ、
意味が全く違うんだよ。

にも関わらず、
2匹ともがポジティブであることなんて
あまりにもフェアじゃないじゃない。

違う場所に行けば、
像と蟻が逆転することさえある。

他者の目や環境、流行など、
陳腐で相対的な評価要因にとらわれ、
自分の悲しみを嘘にしないで。
**

**ーーーつまりは

逃げずに、ちゃんともっと
苦しもうよ、人類。

人は本来、一人じゃなければ、
それができるのだから。

私は、悩んだり苦しんだり、
足掻いたりもがいたり…
そんなあなたが、
どうしたって魅力的と思うから。**☺️


#夢 #カウンセリング #カウンセラー #精神病 #心の病 #摂食障害 #自傷行為 #不安障害 #神経症 #境界性パーソナリティ障害 #不安神経症 #ワークホリック #メンタルヘルス #メンタル #イラスト #アート #アーティスト #表現 #モデル #役者 #歌手 #エッセイ #コラム #心理学 #選択理論 #アドラー心理学 #哲学 #生き方 #等身大 #ノンフィクション #小林永莉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

心からの感謝を込めて☺️
10

小林 永莉

【役者/モデル/歌手/アーティスト】は肩書き。本来の自分を生きる為ブログ書きます。自身の人生と、心理学などの学問を実践し体感してきたことを嘘偽りなくシェアします。📮取材・作品出演etc.ご依頼はこちらから▶︎blue.moon.ellie@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。