見出し画像

りある。

綺麗事だけ晒すのは
なんだか少し違うと思うから。

病状が悪い今日だからこそ
あえて記事を更新します。

現在、私の生活の9割を占めているのは
摂食障害の中でも過食嘔吐という症状。

この症状について、私が経験してきた内容を
できる限り感情を入れず、淡々と記します。

ーーーーーーーーーー

過食嘔吐
食べ物を大量に詰め込んでは
吐くという行為。

一度それを行えば、
脱水症状低血糖症との戦い。

1時間ほどは、呼吸も上手くできず
酸素を上手く取り込めない。
胃のむかつき、体の痙攣、
倦怠感に襲われる。

それでも2時間後くらいには
また耐えきれない空腹感に襲われ、
飢餓状態の脳から、
生命維持の危機に基づく
食べろ”指令が来る。

それでも適度には食べられない。

適度に食べたつもりでも、
食べ過ぎた”という脳からのジャッジがあれば
過食、そして嘔吐に転じる。

あえて過食嘔吐ができない状況に自分を置き
そこで通常の食事を試みることもする。

その時は、食べたことへの罪悪、
怒りや憎しみの感情に飲まれ、
精神的な“死”が待ち構えている。

吐き方も私の場合は特殊で。
外形12mmサイズのチューブを飲み込み
胃まで挿入。胃洗浄の要領だ。

この方法では食べ物の吸収を
徹底的に防げてしまうため
昔は165cm/35kgまで痩せこけ、
閉鎖病棟へ入れられた。

髪は抜け落ち、皮膚もボロボロ
よく卒倒するようになり、車椅子。
いつ心不全を起こすか分からなかった。

今はその激痩せループを回避するため、
なるべく家に篭らず、外へ出て
自分のコントロールできる量、
つまり“許可食”を食べることで
体重を維持させている。

許可食といっても、食べたあとの
精神的な“死”には、毎度心を乱される。

過食嘔吐は現在、1日/1回〜2回。
数は激減しているが、4年間、
ただの1日も、欠かしたことがない。

摂食障害は、日本厚生労働省により
難病指定されている、脳の疾患である。
(こと過食嘔吐においては、
発症した患者の10%は自殺している)


******


摂食障害の他に、
不安神経症、パニック発作、自傷行為、
境界性パーソナリティ障害。

この子達とお付き合いするようになってから
随分経ちます。

自分が他の人と違うと感じたのは
小学校の頃からで。

家族とも、周りの友人とも
私は心を通わせることができなかった。

小学生だった頃は安直なもので
“自分は違う星から来た子”なのだと
理解していました。

未だに、夜毎見上げては
心の拠り所にしているお月様は
あの頃見つけた最も手頃な私の故郷。

そうして、“地球人役”を強いられた
私の芝居歴は、現在に至るまで続いてきました。

いつ終わるのでしょうか。

そしてその役を完璧に演じるために、
稼働し続ける精神疾患は、
いつまで続くのでしょうか。

ーー降板が先か、月に帰るのが先か。

20年間毎日、そんな事を考え、
20年間毎日、全力で生きております。


#夢 #カウンセリング #カウンセラー #精神病 #心の病 #摂食障害 #自傷行為 #不安障害 #神経症 #双極性障害 #不安神経症 #ワークホリック #メンタルヘルス #メンタル #イラスト #アート #アーティスト #表現 #モデル #役者 #歌手 #エッセイ #コラム #心理学 #選択理論 #アドラー心理学 #哲学 #生き方 #等身大 #ノンフィクション #小林永莉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります☺️
8

小林 永莉

【役者/モデル/歌手/アーティスト】は肩書き。本来の自分を生きる為ブログ書きます。自身の人生と、心理学などの学問を実践し体感してきたことを嘘偽りなくシェアします。📮取材・作品出演etc.ご依頼はこちらから▶︎blue.moon.ellie@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。