見出し画像

偽りのユートピア。

私が抱える摂食障害や、自傷行為について
発信していこうと決めてから、3週間ほど経った。

あらゆる手段ややり方を試行錯誤している過程で
ぶつかった問題が一つ。

発信のツールとして使っているSNS、
特にInstagramFacebooktwitterは、
投稿の制限がとても厳しいのだと知った。

摂食障害、自傷行為においては
タグ付けさえ排除された。

…正直に言います。笑

まるで、
あなたのネガティブな側面など、ここには必要ない。
そう、拒絶された気持ちになってしまった。


ーーーでも、それと同時に

妙に納得してしまったの。


私が、半ば強迫観念的に
“普通(マトモ)”でいなきゃいけない
と思ってしまう一つの因子が、
ここにあった気がする。


今では世界的に見ても、
ほとんどの人が利用しているSNS。
コミュニケーションはおろかビジネスも
ネットがないと成り立たない時代。

そこまで私達が依存している世界が
徹底的に“ネガティブ”を排除している。

キラキラしてて、楽しくて、充実してる
日常のそんな部分だけを切り取り、
“いかにポジティブか”
が個人のステータスとなる。

まるで架空の理想郷(ユートピア)だ。

「いいね!」を付け合い、
承認欲求を餌にして、
自分を飾り立てる方向にのみ向かわせる。




ーーーさて。

それなら、
現実世界で起こる
ネガティブな出来事や自分自身は、
一体どこへ行けばいいのだろう。


SNSの発展の傍らで、いつの間にか、
『他者に受け入れられるための自分(仮面)を作り
現実世界でも「いいね!」を求め、
なんでも綺麗に飾ったまま魅せたくて
誰にも自分の弱さを明け渡せない』

そんな文化も同時に、急速に発展しているんだね。




やっぱり、さ、こんなのダメだよ。

陰も陽も、受け入れていたいよ。

ポジティブもネガティブも
どちらも排除することのできない
人間の美しい本能だ。

必要なのは、
ポジティブとネガティブの
統合へ向かうこと
決して分離ではないはず。

人は矛盾を抱える生き物だから
完璧な統合はもちろん不可能で。

ただ、そこに向かうか向かわないかが
問題と思うの。

SNS(架空のユートピア)では、
ポジティブとネガティブを
まさに分離させようという
エネルギーが働いている。


モラルも秩序もない世界になることを危惧して
安直に制限をかけたい気持ちもわかる。

排除することは、受容することより
はるかに楽だからね。

キーワードを設定し、パトロールをかけ
機械が勝手に投稿を削除すればいい。
排除は機械でもできる

でも、本来人間は主体的な生き物で、
善を選びたい欲求があるんだ。

攻撃的になったり、反社会的になるのは
周りに否定されたり、拒絶されることで
満たされなかった欲求があるだけで。


そこと向き合い、歩み寄り、
受け入れることは、
やっぱり機械じゃ、出来ないよ。


受け入れることの大切さ、
否定・批難の恐ろしさ
を、
もっと真剣に、考えていきたいな。


機械”みたいに、
完璧じゃなくても
楽じゃなくても
醜くても
滑稽でもいい。

私達は、
人間”です。


#夢 #カウンセリング #カウンセラー #精神病 #心の病 #摂食障害 #自傷行為 #不安障害 #神経症 #境界性パーソナリティ障害 #不安神経症 #ワークホリック #メンタルヘルス #メンタル #イラスト #アート #アーティスト #表現 #モデル #役者 #お芝居 #女優 #歌手 #エッセイ #コラム #心理学 #選択理論 #アドラー心理学 #哲学 #生き方 #等身大 #ノンフィクション #小林永莉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります☺️
10

小林 永莉

【役者/モデル/歌手/アーティスト】は肩書き。本来の自分を生きる為ブログ書きます。自身の人生と、心理学などの学問を実践し体感してきたことを嘘偽りなくシェアします。📮取材・作品出演etc.ご依頼はこちらから▶︎blue.moon.ellie@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。