見出し画像

カテキョ始めました。

今日からいとこのカテキョ始めました。

中2のいとこは「areとdoの違いもわからない」と自分で言っています。

一度分からなくなったら、そのあとも分からなくなってしまうのが英語。

そんな時、個別に教えてくれるのは誰でしょう。

学校の先生にそこまで求めるのは難しいです。

ということは、学校以外の誰かに頼まなければなりません。

学校以外の誰かとは、塾や親戚になります。


ということは...?

お金のない人は塾へ行けない。

親戚に勉強のできる人がいなければ教えてもらえない。

学習に関して助け舟がないならそりゃ学校不信になるよな...。


とか考えてしまいました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

シェアも大歓迎です!
1

みずほ

教育格差、ジェンダー、性教育、幼児教育を学んでいます。noteは感じたことをそのまま書く日記として使ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。