こばすい

ふだんは絵を描いたり伝えたりしています。ここでは思ったことをありのまま書き記します。

旦那も私も限界なこと

ここ数日あまりSNS活動ができておらず、順調にフォロワーも減っています、こばすいです(すみません…)。

じつは今、我が家はものすごいピンチをむかえています。

私は日常、つまり家族との日々がしっかり土台としてないと、なかなかSNSまで手が回せないタイプなので、今は絵も書けていないし、発信しようと思える心の余裕があまりありません。

私的なことすぎて、
そして言い訳すぎて書くか迷ったのですが、

もっとみる

あなたと話したいのです

ヘッダーもタイトルも
なんだかえらそうで図々しくてすみません。

急になんだって話なのですが、
タイトルそのままで、
「あなたと話したいな」
という気分になりました。

TwitterやInstagramなどでは
個人同士でリプライを送り合うものの、
見ようと思えばだれからでも見られる
(鍵アカウントは例外ですが…)ので、
なんとなく、
「公衆の面前感」がぬぐえない気がします。

だからちょっと、

もっとみる

絵を仕事にできなかった私が見つけたもの

はじめに

私は絵を描いていますが、
イラストレーターやグラフィッカー
のような肩書き、活動はしていません。

今現在、自分の作品を世に出すというより、
絵を気軽にはじめる手助けや、
絵を描くにあたって悩んでしまった人のケア
などに注力したいと思っています。

なぜ私がそのような活動を目指すかというと、それは、

「私はイラストレーターにも、
 グラフィッカーにも、
 漫画家にも
 デザイナーにも

もっとみる

息子へ

今日、あなたが一歳半になりました。

一年半前にはいなかった存在が、
ここまでその身体も心も
存在感も大きく大きくなるなんて、
本当に命ってすごい。

私のこの一年半の思い出は、
毎日がすべて、あなたとの思い出です。

1日以上はなれたことがありません。
未来のあなたが知ったら
びっくりするんでしょうか?

この一年半をふり返ってみると、
もちろん手のかかることはあったけど、
あなたに助けられてば

もっとみる

自分自身のズレをほどいていく

吉本ばななさんの
『「違うこと」をしないこと』
を読み終えました。

かわいい表紙!

タイトルがビジネス書っぽかったので、
初見でそんな感じの本かな?
と思ったのですが、まったく見当ちがいでした。

この表紙の大福のように、
ちょっと特別なときに食卓に出るおかしのような、派手ではないけれど、
お茶と一緒にいただいてほっとするような、
そんな本です。

どちらかというとスピリチュアルな要素もある本

もっとみる

なにかが「ちがう」と思うとき

私、「脳みそがきゅっとする」現象がたまにあるのですが、わかる方っているんでしょうか…。

はじめてこの状態を自覚したのは、
新卒で入った会社で鬱になりかけたとき。

まず身体がいうことをきかなくなって、
動こうと思えばできるけど、
身体を動かすということにものすごく違和感を感じるようになりました。

そして、本当に文字通り、
脳みそがきゅーっと絞まっていく感じがするのです。

まるでだれかに直接掴

もっとみる