見出し画像

脚本家になるためのヒント【2】/「脚本家ってどうやって仕事を得るんですか?」という質問にお答えしてみた。

脚本家の仕事の実情について、もう少し詳しくお話します。

脚本家を仕事としてイメージしにくいのは、そもそも「脚本家がどうやって仕事を得ているのか?」、それがわからないからだと思います。

これについて語ろうとすると、「フリーランスとは何か?」ということに触れなければなりません。

基本的に脚本家はフリーランスです。

フリーランスにとって一番大切なのは、仕事を発注する人との信頼関係です。仕事を絶やさないためには、仕事の発注者に「あなたにこの仕事をお願いしたい」と優先的に思ってもらうことです。

では、脚本家の場合は……?

この続きをみるには

この続き:2,197文字

脚本家になるためのヒント【2】/「脚本家ってどうやって仕事を得るんですか?」という質問にお答えしてみた。

脚本家 小林雄次

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

脚本家 小林雄次

代表作「ウルトラマン」シリーズ 「牙狼<GARO>」「美少女戦士セーラームーンCrystal」「天才てれびくんYOU」「スマイルプリキュア!」「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」「ベイビーステップ」など。著作「脚本家という生き方」ほか多数。映像と出版の世界で執筆活動中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。