脚本家になるためのヒント【1】/「脚本家って生活していけるんですか?」という質問にお答えしてみた。

シナリオを学んでいる人や学生に、よくこの質問をされます。

「ぶっちゃけ、脚本家って食っていけるんですか? どのくらいの収入があるんでしょう? それがわからないので、本気で脚本家を目指すべきなのかどうか、決めかねているんです」という相談。

質問の意味はわかりますが、何とも答えに窮してしまいます。

こういう質問をする人は、ちょっと誤解をしているようです。

その誤解というのは……

この続きをみるには

この続き:1,630文字

脚本家になるためのヒント【1】/「脚本家って生活していけるんですか?」という質問にお答えしてみた。

脚本家 小林雄次

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。