パンクロックと箱根駅伝

54
ノート

パンクロックと箱根駅伝 序章

ひょっとしたら俺は夢を見ているのではないか?ストップウォッチを片手にそんなことを真剣に思...

パンクロックと箱根駅伝 1話

小学2年生の時、大雪の降る日に自転車を漕いで隣の町へ行こうとしたことがある。当然母親は批...

パンクロックと箱根駅伝 2話

先輩が来ないよりも、悩んでいる先輩の力になれないのが悔しかった。 先輩と出会なければ。俺...

パンクロックと箱根駅伝 4話

毎日毎日、徹底的に正義を執行された。事あるごとに例のトイレに呼び出され。考えられうる各種...

パンクロックと箱根駅伝 3話

「牧田のオヤジは、多無土が汚れた街だとウソをいっている!多無土を脅かすゴキブリだ!消えろ...

パンクロックと箱根駅伝 5話

学校の門を抜けると。 すっかり日は落ちていて高く伸びたススキを夕日が赤く染め、ひぐらしが...

パンクロックと箱根駅伝 6話

次の日から、パンクバンドとして活動して活動を始めた。 そうは言っても最初は楽器もなかった...

パンクロックと箱根駅伝 7話

先輩が誕生日の4月19日に、僕らは高円寺の元ヒッピーの怪しげなオヤジが経営している「性銃...

パンクロックと箱根駅伝 8話

先輩との昔話に思いを巡らせていると。 「飲みなっいすかー?」 ヌケヌケと色黒でチョビヒゲ...

パンクロックと箱根駅伝 9話

先輩が帰ってから僕らは、お客さんも含め会場にいた人に謝って回ったが、「いや最高だったよ。...