自分で出来るいびき対策!睡眠の質をあげ、身体のストレスを解放!

はじめまして、古茶(こちゃ) です。
現在、自分の経験を生かし、ボディケアを専門として活動しています。

今回は、いびきについてのお話。
いびきは成人男性の約3割ほど、女性でも1〜2割ほどが悩んでいるそうです。

意識している数で、これだけなので実際にはもっといることでしょう。

いびきって悩んでいることでも、どう対処したら良いかわからないですよね。

マウスピースや横向けで寝ることで対処。
いびきをかくかどうかは体質が関係していて、かく人はどうしようもない。

こう思っていませんか。

実はいびきって、体質が原因なんてことはないんです。

いびきの根本的な原因は、姿勢が問題のことが多いんです。
実際に私自身も、昔から寝るときにはいびきをかいていました。
毎晩毎晩うるさいって言われる毎日、、、たまに呼吸が止まることも。

いびきは多くの悪影響を及ぼします。


睡眠の質の低下
疲労の蓄積
脳が働きづらい
内臓の機能低下
姿勢の悪化
パートナーとの関係悪化




私は、いびきが原因で寝ても疲れが取れない状態がつづいていました。
マウスピースやテープを使用したり、矯正マスクも使ってみました。
しかし、どれも根本改善にはならず、、、

テープはかぶれるし、マスクはあごが疲れる。マウスピースなんか装着感最悪です。


いびきを治すのに、強制するようなマスクがあるの知ってますか?
顎を『がちっ』と止めるものなんですけど、あれもずれてしまうから、根本的な改善にはならなかったです。

いびきなんて治らないものなんだ、、、
そう思っていました。

寝るときは、パートナーや友達に一声掛けなければいけない。
ただ言うだけなんですけど、結構ストレスですよね。

寝ている時だから意識しようにも、意識できない。
これじゃあ、治らないじゃん、、、、

こんな悩みがありました。
私と同じように、睡眠中の悩みを持つ方は多いと思います。


あなたはどうでしょうか。


パートナーのいびきで悩んでいる人も多いでしょう。
でも、寝ているときだから強く言えないし、、、

かいている本人も治したいけど、どうしようもない。
聞いている方も強く言うことができない。
自分だけでなく、周りにも迷惑をかける結果になってしまいます。



さらにいびきは、睡眠の質を大きく下げることにもつながります。
本当に、小さい悩みかもしれませんが、長い目でみるとデメリットだらけなんですよね。

いびきが原因で、疲労が溜まる結果にも。
体には大きなストレスです。疲労の蓄積は、死亡リスクにも関連していきます。



睡眠中の問題だから、意識のしようがないと思っていませんか。


そんなことはありません。

いびきがない状態を作ることは、あなたでも可能です。
もし、今回の記事の内容を実践できれば、睡眠の質は大きく上がり、いびきの悩みは大きく緩和していくことでしょう。
睡眠の質を上げることで、疲労を翌日に持ち越すことも少なくなります。


どうですか?
いびきについて長年悩んでいたなら、今回の内容を実践するだけで、あなたの悩みの解消に近づけます。

パートナーや家族へ配慮する必要もありません。
友達との旅行の時に一声かける必要もなくなります。

根本的な問題を理解し、いびきの悩みの解消を目指すあなたへ。
確実に力になれるnoteになっています。

購入された方は、身体についての質問もお受けします。
オンラインでの講座は1万円でやっているので、かなりお得かと、、、
いつ終了するかわからないので、気になる方はツイッターかコメントにてメッセージ送ってください。

それでは、内容の紹介。

<<目次>>

<いびきの基礎>
なぜ起こるのか
どこが鳴っているの?

<いびきで起こる体の変化>
身体は酸欠状態
酸欠状態で起こること
体への負担はどのように現れる?

<いびきの原因>
食生活と腸管の影響
食事と体質の変化
水分とアレルギー

<いびきへの対処方法>
現代で起こりやすい問題
姿勢が悪いことで何がおこるか
いびきに対処するための姿勢とは

<まとめ>
いびきの原因に対処するための知識のまとめ


内容が気になる人のために、基礎知識まで読めるようにしてあります。
健康に投資ができる人は、重要性を理解している優秀な人です。

これで、いびきに対処できるなら良い投資だと思います。
いびきは体にとって、大きなストレスになりかねません。

基礎知識まででも、いびきの原因を知る良いきっかけになるでしょう。

いびきは、意識できないところを変化させる必要があります。
でも、意識できないところは変えようがありません。
そのために、普段の生活を変える必要があるんです。
意識できるところから、睡眠の質を変化させる必要があります。

意識できるところを変化させることで、いびきをコントロールしていくのです。
普段の意識さえきちんとしていれば、いびきをコントロールすることは可能です。

悩みを解消し、身体の負担を大きく減らすことが、あなたでもできます。
知識を得ることで、行動が変わり、身体の変化を体感することができます。

これを読めば、いびきに対して正しい方向に行動することができるでしょう。


いびきの基礎

いびきはなぜ起こっているのでしょうか。
あの音は、空気の通り道が狭くなることによって発生しています。


原因は様々ですが、体質によるものだと思われていることが多いです。
特に鼻炎による鼻づまり。これが原因で、いびきが起こっているというもの。


私自身、年中鼻をすすっている状態でした。
しかし、現在はかなり緩和されてきています。
今回の内容を実施することで、鼻づまりもある程度コントロールすることができます。


現在はほとんど、鼻をすすることなく経過しています。
でも、特別なことは何もしてません。
きちんと原因に対処することで、身体の症状はコントロールできるものが多いです。


なぜ起こるのか?

いびきは空気の通り道が狭くなることによって起こります。
空気の通り道が狭くなることによって、呼吸の時に音がなるのが、いびき音の正体です。


ここまでは、テレビなどでも紹介されたり、ネットでも見ることが多いと思います。


この空気の通り道が狭くなるのは、姿勢が要因の一つ。
特に現代の問題である猫背。デスクワークだけでなく、スマホをいじる時間が増えたことで問題になっています。
こういった姿勢は、頭が体に対して前に行ってしまいます。



この姿勢では、空気の通り道(気道)が狭くなってしまうんです。

このようにいびきが発生する理由は、空気の通り道が狭くなること。

狭くなる原因は姿勢。

ということは、男性はもちろんのこと、女性でも起こりやすいということです。
女性でも姿勢が悪くなると、いびきをかきやすくなりきます。

この、男女の違いは体質です。
男性は、体質的に上半身に脂肪がつきやすく、いびきが発生しやすいと言われています。
そのため、男性の方がいびきをかきやすいのです。

特に、運動する量は減っているのに、食べる量が変わらない。
こんな働き世代には、体重が増えやすく、この問題が多いです。
食べすぎや運動不足が原因で、いびきをかきやすい様になってしまいます。

この続きをみるには

この続き:8,816文字/画像5枚

自分で出来るいびき対策!睡眠の質をあげ、身体のストレスを解放!

古茶

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

古茶

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。