#22 "いい人"で終わってしまう男が「恋愛成功率を上げる」誘いのルーティン

今週は読者からの質問に答えていきたい。

25歳男性です。#16号は大変参考になりました。おかげさまで、デートで何を話したら良いのかが分かりました。また「成功から逆算するデート」を意識し、デートコースをデザインすることで、少しずつですが女性と仲良くなることができています。今までだったら一度飲みに行ったら終わっていたのが、二回・三回と飲みに行けるようになりました。ありがとうございます!ただ、問題が二つあります。

1)元々"いい人"で終わることが多く、女性と仲良くなっても、友達として見られてしまいます。友達の関係を壊すのが怖くて、とてもじゃないけど先に進めません。
 こんな臆病な私が、女性を誘うにための方法を教えて頂けませんか?

2)私は実家暮らしのため、どのように女性と親密な関係になるためのデートをデザインするのか、イメージが湧きません。他の人のブログを見ると、「アイスクリームを買って一緒に食べる」みたいなことが書いてありますが、こんな寒い日に「アイスクリームを食べよう」みたいなことを言ったら、頭がおかしいと思われてしまうと思います。どうしたら良いか、具体的なアドバイスをお願いします。

相談ありがとうござきます。
私も数々の恋愛相談を受けてきたが、
1)"いい人"止まりで終わる
2)実家住みのため、成功のイメージが湧かない

という悩みを数々受けてきた。

今回は、そんな悩みを抱く貴方に、具体的なアドバイスをしたいと思う。実は、"いい人"が使うのに、とても簡単で有用な「誘いのルーティン」があるので、まずはそれを伝授したい。
更に、ある「接し方」を意識することで、驚くほどスムーズに恋愛を発展させることができる。これは、恋愛だけでなく、営業や交渉にも使えるので、社会人としても身につけておこう。
今回は、その二点を詳しくお伝えする。

1."いい人"だからこそ使える、簡単で有用な「誘いのルーティン」


この続きをみるには

この続き:3,393文字
記事を購入する

#22 "いい人"で終わってしまう男が「恋愛成功率を上げる」誘いのルーティン

タカシ

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆さまのサポートは、よりハイレベルな情報を発信するための経験に活かします。

イエス!ウィーキャン!
8

タカシ

週刊デュアルライフ

仕事(本業や副業)、お金(投資や節約)、恋愛(婚活・家庭生活)、ライフスタイル(二拠点生活・旅行・趣味)の四つの分野を面で底上して、毎日を楽しむための情報・ノウハウを発信するためのマガジンです。 何が起こるかわからない現代において、卵を一つのカゴに盛るのは危険です。複数の...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。