映画「こどもしょくどう」公開記念トークイベント 湯浅誠さん×日向寺太郎監督

「こどもしょくどう」の上映期間中の4月4日(木)に、トークイベントを開催します。社会活動家で、全国こども食堂支援センター・むすびえの理事長でもある湯浅誠さんをゲストに迎え、全国3,000か所まで広がった子ども食堂について、また映画「こどもしょくどう」を見た私たちがどのように子ども食堂をサポートできるかについて、お話を伺います。皆さまぜひご参加くださいませ。

【日時】
4月4日(木)
16:45 開場(整理券番号順に入場)
17:00 トークイベント開始
17:40 質疑応答
17:50 トークイベント終了

【場所】
岩波神保町ビル 9F岩波シネサロン(千代田区神田神保町2-1)

【登壇】
湯浅誠さん
日向寺太郎監督

【参加料】
無料
※トークイベント参加は無料ですが、映画「こどもしょくどう」の当日券半券(4/4以外の当日券半券も可)、または未使用の前売券のご提示が必要となります。

【定員】
55名

【整理券配布方法】
4月4日(木)朝10:30から岩波ホール10F窓口にて整理券を配布。
当日券半券(4/4以外の当日券半券も可)または未使用の前売券を提示の上、整理券を受け取りください。
整理券は先着順、お一人様1枚お渡しします。

【整理券配布についてのお問合せ】
岩波ホール TEL03-3262-5252
※整理券配布以外のお問合せは、配給会社パル企画 pal@pal-ep.com へお問合せください。

●湯浅誠さんプロフィール

社会活動家。東京大学先端科学技術研究センター特任教授。全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。

1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。2014〜2019年まで法政大学教授。著書に、『子どもが増えた! 人口増・税収増の自治体経営』(泉房穂氏との共著、光文社新書、2019年)、『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書、2017年)、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版、2012年)、『反貧困』(岩波新書、2008年、第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)、『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著、NHK出版、2010年)など多数。
ヤフーニュース個人に連載中の「1ミリでも進める子どもの貧困対策」で「オーサーアワード2016」受賞、法政大学の教育実践で「学生が選ぶベストティーチャー」を2年連続で受賞。「こども食堂安心・安全プロジェクト」でCampfireAward2018受賞。他に日本弁護士連合会市民会議委員、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」レギュラーコメンテーターなど。

●日向寺太郎監督プロフィール

映画「こどもしょくどう」監督。
1965年宮城県仙台市生まれ。日大芸術学部映画学科卒業。卒業後、黒木和雄、松川八洲雄、羽仁進監督に師事する。 1998年『黒木和雄 現代中国アートの旅/前後編』(NHK)を監督。2005年『誰がために』で劇映画監督デビュー。少年犯罪とその遺族を真正面から描き、新人監督ながらも人間の本質に迫り、主演の浅野忠信が第60回毎日映画コンクールにて男優主演賞を受賞するなど高い評価を得た。2008年『火垂るの墓』が全国約80館で公開され、松坂慶子が毎日映画コンクールにて女優助演賞を受賞、松田聖子が日本映画批評家大賞審査員特別賞を受賞。 2009年、ドキュメンタリー『生きもの―金子兜太の世界―』(紀伊國屋書店よりDVDとして発売)は、映文連アワード2010グランプリ、教育映像祭で文部科学大臣賞。2013年『爆心 長崎の空』が第16回上海国際映画祭コンペティション部門にて上映される。2014年には、リアリズム画家野田弘志の創作過程を捉えたドキュメンタリー映画『魂のリアリズム 画家 野田弘志』が公開。2010年から日大映画学科で非常勤講師も務める。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お住まいの近くの子ども食堂についてもよかったら調べてみてください。
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。