研究の最初のステップは「素人」のように考え、そのあとは「玄人」として実行する。

火曜日は「教えること/研究すること」のトピックで書いています。

4月に入ると卒業研究のゼミや大学院のゼミが始まります。こうしたゼミで最初にやることは、研究のトピックを決めるということです。何を研究するのかが決まらなければ、研究はスタートしません。ですから当然やらなければならないステップです。しかし、研究トピックを決めるという最初のステップが意外に難航するのです

「何を研究したいですか」と尋ねると、たとえば「動機づけ」とか「メタ認知」といったキーワードを挙げる人がいます。しかしそうした漠然としたテーマを挙げられてもそこからなかなか先に進みません。それは、何かを解決したい、何かを作り出したい、何かを改善したいという具体的なイメージがないからです。キーワードからスタートするとそういうことになりやすいのです。

金出武雄『素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術』(PHP文庫, 2004)はこのように書いています。

研究、開発というものは具体的な目標をもったものでなければいけないという当たり前のことである。何かいいことをしたいとか、数学的にスカッとした研究がしたいとか、本質的で基礎的な研究がしたいとか言う人がよくある。しかし、それは「目標」ではない。それは終わって初めてわかる、その研究の性質や結果に関する「希望」である。だから研究が行き詰まる。

この本のタイトルの『素人のように考え、玄人として実行する』ということは重要です。研究トピックを考えるときは「素人」のように考えることです。素人は常に具体的な問題から出発します。日常生活の中から「これはなんとかならないか」「もっと良い方法があるんじゃないか」という問題を見つけ出すことです。それが研究トピックにつながっていきます。

この続きをみるには

この続き:527文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年に書かれたマガジン「ちはるのファーストコンタクト」の記事をすべて収録しました。300本以上あります。

または、記事単体で購入する

研究の最初のステップは「素人」のように考え、そのあとは「玄人」として実行する。

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

最高です!
1

向後千春

早稲田大学人間科学学術院教授。博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は、教育工学、教育心理学、インストラクショナルデザイン、アドラー心理学。ちはる塾主宰:http://cricenter.wordpress.com/

ちはるのファーストコンタクト

ファーストコンタクトは相互理解への第一歩。このマガジンでは、私が考えていることの第一歩をできるだけそのままの形で公開していきたいと思います。話題は、アドラー心理学、教える技術、研究アイデア、雑談などです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。