【教える技術】#09 態度技能とは「決心し、それを実行するまでの技能」

火曜日は「教えること/学ぶこと」のトピックで書いています。早稲田大学エクステンションセンター中野校での「教える技術」講座の内容を連載しています。

前回までに、運動技能と認知技能の教え方について見てきました。今回から態度技能の教え方について取り上げていきます。

「態度技能の教え方」と聞いて、おやと思う人がいるかもしれません。「態度は技能なのか」ということと「態度は教えられるのか」という点が議論になるところでしょう。

日常的な文脈で使われる「態度」という単語は「冷たい態度」「積極的な態度」「横柄な態度」「大胆な態度」のように「その人に特有な、変化しにくい振る舞い方の様式」というような意味合いが強いものです。これらの用例を見ても、ほぼ「性格」と同じ意味になっています。したがって、態度はその人固有のものであって、変わりにくいということになるのでしょう。

態度が性格のようなものであるとすれば、「態度は技能なのか」という1番目の議論が持ち上がってきます。

しかしよく考えてみると、「冷たい態度」でも「積極的な態度」でも「横柄な態度」でも「大胆な態度」でも、本人がそういう態度を取ろうと決心しさえすればできます。このように態度を技能として扱う場合は、「特定の行動様式を取ろうと決心し、それを実行する技能」と定義できます。つまり、態度技能とは「決心し、それを実行するまでの技能」であるということです。

では、態度技能が「決心し、それを実行するまでの技能」とすれば、それを教えることはできるのでしょうか。これが2番目の議論です。

この続きをみるには

この続き:722文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年に書かれたマガジン「ちはるのファーストコンタクト」の記事をすべて収録しました。300本以上あります。

または、記事単体で購入する

【教える技術】#09 態度技能とは「決心し、それを実行するまでの技能」

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

今日もいい1日を!
7

向後千春

ちはるのファーストコンタクト

ファーストコンタクトは相互理解への第一歩。このマガジンでは、私が考えていることの第一歩をできるだけそのままの形で公開していきたいと思います。話題は、アドラー心理学、教える技術、研究アイデア、雑談などです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。