自然と人と戦争。

東京品川にある原美術館で行われている「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」へ行きました。

北朝鮮と韓国の間にある北緯38度線にある非武装地帯に関するアートプロジェクトです。

恥ずかしながら、朝鮮半島の歴史について全くと言っていいほど知識がなかったのですが、1950年に朝鮮戦争が勃発。1953年に休戦協定が結ばれて非武装地帯が作られました(未だ「休戦」のまま)。
ところが、非武装地帯には地雷が埋められており、人間が容易に近づくことができなくなってしまいました。

それから65年。人間が近づけなくなった非武装地帯は原初の自然が復活し、絶滅危惧種に指定された動植物が残り、渡り鳥の楽園にもなっているそうです。

この現実をどう受け止めるのか、喜びと悲しみが入り交じるこの感情をどう受け止めるのか。
この展覧会は、しばらく心の中に止まりそうです。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

Kohei Akai

Writer&Photographer 広告制作をしながら、まちづくりにも携わっています。 埼玉県飯能市にてシェアアトリエ、シェアスペースを運営中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。