「噛み合わせ」と「プレッシング開始ライン 」

2019,5,31 (金)

明治安田生命 J1リーグ 第14節 湘南vs横浜

ハイライトはこちらから👇

 ホームBMWに横浜を迎える形となった神奈川ダービー。
 結果は1-2の敗北。

 半年くらい前であれば、「ストーミング」vs「ポジショナルプレー」と騒がれたであろう、両チームプレースタイルに大きな違いがある面白い一戦となった。

 本記事では、ゲームの主な構図から、横浜のビルドアップに対する湘南のプレッシングを中心的にまとめた。以下、両チームの意図を憶測しながら振り返る。


目次
1,システム
2,ゲームの主な構図
3,横浜のポゼッションと湘南のプレッシング
4,変わらない守備のミス
5,まとめ



1,システム​

・両チームの基本システム

 湘南は前節、4バックで戦い不調の神戸相手に大敗を喫した中、今節はいつも通りの[3-4-3]で臨んだ。
 メンバーは、フレイレ・小野田・小林・レレウ・山口・指宿 と、半分以上がサブ組で構成された。

  一方で横浜は、[4-2-3-1]で好調の遠藤が今節もスターティングとなった。
  一応ワントップという形ではあるが、両ウイングが前線に張っていたため、3トップに近い配置を取っていた。


・湘南の可変システム

 いつも通り、組織的守備(自陣まで引いてブロックを作る守備)では、[5-2-3]となる可変システム(局面によってシステムを変えること)であった。👇

WBがDFラインに加わる可変システムによる、組織的守備のシステム👇



2,ゲームの主な構図

 ・ゲームの立ち上がり

 試合の立ち上がりから、いきなり両チームの特徴が顕著に現れた。
 湘南のインテンシティ(プレスの強度と頻度)の高いプレッシングに対して、横浜はGKから丁寧にパスをつないでビルドアップを仕掛けた。

  横浜のGKからのビルドアップに対して、湘南は上手くプレッシングをかけれていたため、立ち上がりはいい流れでゲームに入ることが出来ていた。



 横浜はGKからのビルドアップでは、GKの横にCBが開いて前進をしていた。そこで湘南はわざとCBにボールを保持させ、そこから縦以外のパスコースを全て切りながらプレッシングをかけた。

  さらに高い位置をとっている横浜のSB(図中の丸の黒矢印の先の選手) に対しては、WBがインターセプトを狙っていた。つまり横浜はCBがボールを保持した時には、

①ロングボールを蹴る。
↪︎プレースタイルであるポゼッションの放棄
②狙われているSBに縦パスを入れる。
↪︎出してもそこからの展開が厳しく、なおかつ狙われているパス
③ドリブルでファーストプレスをかわしてサイドを変える。
↪︎奪われたら失点の可能性が非常に高い、ハイリスクなプレー

  といった、究極の選択を迫られていた。そして、それが上手くハマっていた。


・湘南のプレッシング開始ラインの後退

  GKからのビルドアップに対してプレッシングをかけ、リズムを作っていた湘南だったが、ある1人の選手を捕まえることが出来ずプレッシング開始ラインを下げてしまうことになった。

  その選手はM.ジュニオールだ。立ち上がり比較的高い位置をとっていたM.ジュニオールがビルドアップに躓いていたことから、ボランチの位置まで降りてきてボールを受け始め、個の力で前を向いたり、ワンタッチでリズムを作ったりと、そこを基点に簡単に前進され始めてしまった。そこから湘南はM.ジュニオールの介入に対応できず、プレッシング開始ラインを徐々に下げ始めた。

  そして、試合が落ち着き出したのは湘南がプレッシング開始ラインをハーフラインまで下げてからだった。「横浜のハーフラインからのビルドアップ→湘南が奪えばカウンター→横浜のビルドアップ→、、、」という試合の構図となった。

  それからゲームを支配し始めたのは横浜だった。横浜のビルドアップから始まるゲームの流れは、基本的に横浜にミスがない限り湘南はボールを奪えていなかった印象だ。その原因は、『噛み合わせ』にあった。


3,横浜のポゼッションと湘南のプレッシング


 上図は、上記したゲームの主な構図であった横浜のハーフラインからのビルドアップと湘南のプレッシングを図式化したもので、まず注目していただきたいのは、白枠の湘南のDFラインと横浜の前線の噛み合わせだ。WBが引いて可変システムとなっている湘南は、DFラインに5枚並べている。それに対して横浜はワントップのE.ジュニオールと両ウイングの遠藤と仲川の3人が前線にいるため、湘南はDFラインに2人余らせていることになる。
 また、立ち上がり横浜は仲川のスピードを生かして、湘南DFラインの裏のスペースを攻略していたため、湘南のDFラインは少し低めにとっていた。よって、守備時のシステムにおける、[5]と[2-3]が間延びしてしまっていた。

 そんな中、湘南は前線からプレッシングをかけていた。上記したように湘南はDFラインで2人余っているため、裏を返せば横浜のDFラインも2人余っていることになる。そこで上図を確認していただけると分かる通り、横浜はCBからの配球に対して、前のパスコースが絶対空いてしまうのだ。


  この図のように、指宿から上手くパスコースを限定しながら連動してプレッシングをかけれた場合も、SBのデコイラン(スペースを空ける・パスコースを空けるための囮となる動き)でウイングにボールをつけられたり、キーパーに戻され作り直されたりと、簡単に前進・回避されてしまっていたのだ。さらにいうと、ボール周辺のオーバーロード(人を多く配置することによって、その局面において数的優位を確立すること)や、全体のバランスを崩さないようなポジションチェンジ、細かいデコイランなどで巧みに崩されていた。

 ボールを奪えていたのは横浜がミスをしたときで、そのボール奪取後はシンプルに逆サイドのウイングとCFの裏抜けを狙っていた。横浜のDFラインは高い位置をとっているため、その分DFライン裏に広大なスペースがあったが、湘南は一つ一つのパス精度が非常に低く、カウンターによるチャンスメイクが全く出来ていなかったように観えた。


・湘南はどうすべきだったのか

  湘南が自陣で5-2-3の配置を取りながら、プレッシングをかけるのには無理があった。それは上述したように噛み合わせが悪く、前進と回避を容易に実行されてしまうからだ。

  ならどうすれば良かったのか。単刀直入にいうと、

「立ち上がりの高いプレッシングラインを維持したまま、M.ジュニオールをマンマークで捕まえること」

  プレッシングをかけてボールを奪うためには、DFラインで人が2人余らないように、可変システムをせずプレッシングをかける必要があった。試合の立ち上がりハマっていたプレッシングのまま、M.ジュニオールをマンマークで捕まえていれば、横浜に対して上述した3つの究極の選択肢を与え続けることができ、湘南のペースでゲームを進められていたと考える。

  M.ジュニオールの介入に対応を諦め、プレッシング開始ラインを下げてしまったことが、この試合の敗因といっても過言ではないような気がする。


4,変わらない守備のミス

・DFラインのスペース管理

  これに関してはいつまで指摘すれば良いのか、、、
  開幕から湘南の試合を観ている方は、内容を書かずとも、「変わらない守備の課題」と言うだけで気付くのではないか?

  この事象は、[13:10],[62:30],のシーンを元にしています。

 またこれを指摘することになるが、WBとHV(3バックの両サイドの選手)の間のスペース管理についてである。

  湘南の守備の決まりごとの一つとして、5バック時にWBが釣り出されると、HVは横のスライドでスペースを埋めることはなく、あくまで中央の死守を優先するのだ。そのため、そこのスペース(図中の赤楕円のエリア)に入ってくる敵に対しては、ボランチまたはセカンドトップの誰かがついていく。しかし、そのディフェンスの仕方だとどうしてもマークが一歩遅れてしまっている。

  さらに、釣り出されたWBが一対一でかわされてしまうと、一気にペナルティエリアまでボールを運ばれてしまう。今回はこの事象は無かったが、第6節の清水戦ではこのドリブル突破によって、ゴールエリア手前までボールを運ばれて失点してしまったのだ。

過去の記事で何度か指摘・改善策を掲載しているため、この記事ではこれ以上のことは書かないが、いい加減どうにかしませんかね、、、

と、湘南サポの皆さんも思っているのではないでしょうか?


下記リンク(2つとも)より、DFラインのスペース管理の課題の指摘に関する記事にとべます。


5,まとめ

 
指摘ばっかりの記事になってしまったが、決してどうしようもないサッカーをしていたわけではなく、決定機も作れていたし、コバショウのアシストからの武富のゴールは素晴らしかった。
  ただ、改善すべきところがあるのは明らかで、そのウィークポイントを開幕からずっとつつかれている気がする。

  この先同じ展開から失点を繰り返さないようにするためにも、一つ一つ明確な課題を潰していく必要があるのではないでしょうか。


  話は変わりますが、約一ヶ月半ぶりの投稿になり申し訳ございません🙇
  今後も時間の許す限りという、適当な投稿になってしまいますが、それなりに時間をかけて記事を書きたいと思います。

よろしくお願いします!




  


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いた資金は留学の費用に充てさせて頂きます。より良い学びが出来ることに繋がると思います。宜しくお願いします。

スキありがとうございます\(^o^)/宜しければシェアもお願いします!
6

緑と青の解体新湘

J1リーグ所属、湘南ベルマーレのマッチレポートを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。