童話『かわいそうなぞう』ではまるでぞうだけがかわいそうであるかのような扱いを受けているが、飼育員のお兄さんもまた人間のエゴに振り回されたかわいそうな存在であったことに目を向けるべきではないか。

べきではないけどお兄さんもかわいそうなのは間違いないと思います、みしぇる(@crsa_photo)です。

すみません、昨日は記事を書いている途中に寝落ちしてしまいました……🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

午前3時に出発した四国お城めぐりの旅で存外に疲れてしまっていたようです。

さて、お話ししていたとおり「ドキッ‼️男だらけの四国城めぐりの旅」が始まりましたが、いまのところ四国最高といったところです。
早朝に丸亀を訪れうどん屋さんで朝食をとって店を出たところ、雪が降っているではありませんか。丸亀城の営業時間まで金刀比羅宮で時間をつぶそうと向かったところまるで東北かどこかへ来たのかと錯覚してしまうほどの大雪。すぐさま積もって僕は大はしゃぎ。一方で友人は寒さに耐えかねて顔を歪める始末。

これはiPhoneで撮影した写真ですが、雪のすごさが伝わるかと思います。

さて吹雪の中丸亀城を攻略したわれわれが次に向かったのは愛媛県の松山市。
友人の車をかわりばんこに運転しながら向かいます。

四国って高速を使えば意外と簡単に一周できてしまうんですね。丸亀から松山も渋滞などがなければ1時間半とかそこらで着いてしまいます。

松山に到着してからはまず腹ごしらえだということで、愛媛名物らしい鯛めしをいただきました。炊き込みご飯に焼いた鯛が乗っている釜飯は、疲れた体に染み渡りました。

鯛めしを堪能した後はロープウェイで松山城の天守閣へ。丸亀城もそうなのですが、松山城は創建当時から現存しているという「現存12天守」の一つ。戦国、江戸時代の面影をそのままに残す素晴らしい建築でした。そんな壮大な建築を目の前にぼくのわずかな語彙はそこを尽き、「すごい」というだけの機械と化してしまいました。

すごかったです。

松山城を後にしたわれわれは旅の疲れを癒しに道後温泉へ足を運びました。
噂によると道後温泉は大きな銭湯だということだったのですが、噂どおりでした。
人は多いし、大浴場感のすごい施設でしたね。

1日目の宿泊は流行りのエアビーで民泊をすることに。本当に個人のお家のお部屋を間借りするような感じで、親戚の家に泊りに来たかのような空間です(笑)

眠い目をこすりながらこの記事を書いていますが、数十分後にはきょうの旅が始まります。きょうはぼくも免許取得以来初めて運転するので不安ですが、ナンクルナイサ精神で頑張ります〜〜〜。

では、また今夜の更新でお会いしましょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1up!!
1

Kohei Kikuyama

みしぇ日記。

写真大好き男の思考、源泉垂れ流し。 週三日更新を目標に。 since 2017.7.10 〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。