生理中の彼女を見て、やりたいことが決まった

こんにちは、最近20歳になったと喜んでいたら3kg太ってました、こうたろうです。

彼女と同棲を始めて3ヶ月くらいが経ちました。3ヶ月を振り返ってみての一番の驚きはやっぱり「生理」のことでした。

これについてちょっとnote書きたいと思います。

あるとき急に「腰が痛い」「眠い」「大学休みたい」と言い出し、体調と機嫌が明らかに悪くなる日が毎月訪れます。生理への理解の薄かった僕は、彼女が「今月も生理がいらっしゃった」と言っても「周りでそんな風になっている人見たことないけど...」と思ってしまいました。

そもそも男の僕は、学校でも家でも生理について教わらなかったし、今思うと周りの女性がなかなか口にできない/しないような環境で、生理の概念は知っていても、リアルさを実感できずにいました。

彼女の生理が終わってから詳しく話を聞いたり、後からいろいろ調べてみると、僕の思っていたことがいかに冷たかったかが分かり、申し訳なくなりました。その反省から、来月もくるであろう生理に備えて、勉強と言うほどではありませんが、とりあえず生理ってなんだというところからググり始めました。

まず「生理 とは」でググる

情報弱者みたいですが、「生理 とは」とググって見つけたサイトで、生理の仕組みから、期間や周期、経血量、生理痛、生理不順までを知りました。ほんと何も知らなかった自分がアホみたいです。

他にも、大変なのは生理期間中だけでなく、生理前にPMS(月経前症候群)と呼ばれる精神的な不調と身体的な不調があると知りました。

生理痛や生理不順、PMSに対しては、痛み止めなどの市販薬を服用したり、身体を温めたる、寝込むようなどをするそうですが、多くの女性は何もしていない現状があると分かりました。

ネットで調べるだけでなく、女性の友達にも話を聞きに行きました。生理のときの辛いエピソードの他にも、トイレにナプキンの入ったポーチを持っていくのが恥ずかしいとか、今まで知り得なかった事情も知りました。

ここまで調べたり話を聞いて、女性の大変な事情が少し分かりました。そんなことも知らず周りの女性に気遣えずに、のこのこと生きてきた自分が恥ずかしいです。

一彼氏として調べ始めたけど

僕の職業は、スタートアップを起業したてのひよっこ起業家です。

生理中の彼女の姿から、生理に気づく機会を得ました。そして一彼氏として何かできないかと思い調べ始めましたが、少しづつ事情を知っていくなかで、一起業家としてできることがあるように思い始めました。

事業を通して利益を回しながら継続的に活動することで、タブーとされていて話しづらい生理の価値観が変わる、そんなきっかけを作れるのではないかと。

生理の課題を事業で解決する、と言ったらおこがましいかもしれませんが、自分の職業を生かしてできることをしようと、小さな正義感に背中を押されて、事業という形で何かを始めてみたいと思いました。

頭の中だけで終わらせたくなかったので、このタイミングで、生理に課題意識を持ってるあいねさんに相談してみました。そのことがきっかけでその後会社にジョインし、一緒にやっていくことになりました。

ピルに可能性を感じるが...

あいねさんと僕で(以下:僕ら)課題を整理して市場を見つめていく中で、ピルの課題が引っかかりました。

調べていくなかで、「ピル」の正しい効用も知りました。僕は避妊薬としての効能しか知らなかったためにネガティブなイメージを持ってましたが、生理周期を規則正しくしたり、生理痛や経血量、PMSまで軽減できることを知りました。

「ピルって思ってたよりいいな」

でも調べてみると、日本人女性のピルの服用率はたった4%でした。そして60%の女性は服用経験がないだけでなく、「以前は服用していた」が20%弱もあることがありました。(ルナルナを運営する株式会社MTIの調査)

彼女にピルのことを聞いてみると「副作用が怖い」「毎月の通院や、毎日の服用が面倒」と抵抗感のあるリアクションが返ってきました。なるほど、いろいろ理由があるようです。

でもこれはなんだかもったいないように感じて残念でした。なんとかピルをアップデートできたらと考えましたが、なかなかムズカシイ。

そういえば、生理の情報を調べているときどの記事にも「生理痛やPMSの軽減のために毎日の食事から栄養をしっかりとるようにしましょう」と書いてあることを思い出しました。

生理の症状緩和のためには、体を温め、かつ血液の循環を良くする食事が良いという基本があるとありました。しかし、毎日摂ることの難しい食材もある上に、生理やPMSで気分が憂鬱になりがちなときに自分で料理を作り、健康的なバランスのとれた食事するのは難易度が高いと感じました。

そこで、ピルを「以前服用していた」「検討したが服用していない」と答えた35%の女性に向けて、生理やPMSのための症状緩和に効果のある栄養素を配合した生理用の「サプリメント」を作ってはどうかと考えました。

ビタミンB群やDなどのビタミンとミネラルで血液の循環を良くできますし、鉄は血液を作ってくれます。カルシウムやマグネシウム、チェストベリーエキスはイライラや不安など精神的な症状に効果が期待できます。

これは面白いかもしれない。

でも僕らは、サプリメントに抵抗感がありました。ネット広告で見るような胡散臭いサプリのイメージがあったためで、二の足を踏んでいました。

そんなときに、アメリカ・シリコンバレーのスタートアップで、女性のためのマルチビタミン剤「Ritual」やナプキンいらずの生理用ショーツ「Thinx」、セクシャルなアダルトトイ「Unbound」を見つけました。

胡散臭くなりがちで扱いづらいとされる、サプリメントや生理用品、アダルトトイでも、お客さんと向き合うことで最適なアプローチを見つけている上の例が刺激的でした。また、胡散臭いイメージで目が濁り、サプリメントの価値を過小評価してしまっていることに気付きました。

生理の課題にフォーカスし、女性の価値観にフィットした形でアプローチして提案する、これって面白いと感じました。

勉強して行動してみる

さっそく、生理と栄養の勉強を始めました。次に、大阪にある保健機能食品を作る会社に連絡を取って打ち合わせを始め、生理対策として期待できる成分を含む原料の配合を調整していきました。そしてようやく、試作品第1号が完成しました。

時間をかけて自分らなりに頑張ってみました。試飲の感想は好評でしたが、匂いが臭く、味が苦いといった点で課題があると分かり、リトライ。配合やら何やらの設計をし直して、試作品第2号に取り掛かりました。

第2号では、匂いや味を改善した他、使用しているカプセルを動物性のものから植物性にするなどして身体の中で溶けるのを早くするなどの工夫も凝らしました。まだ見た目も悪く、理想への道のりは遠いですが、少しずついい形になってきました。改良は今後も続けていきます。

生理用サプリを事業化したい

試作品のクオリティも上がって来たところで宣言したいと思い、今回noteを書いています。

僕らは生理用のサプリメントを事業化し、販売していきたいと考えています。

これからは、サプリメントを製造し、デザインをパッケージや包装に落とし込んで、10月中にはランディングページ(LP)の公開まで進みたいと考えています。その後は、SNSやクラウドファンディングを利用して多くの方からサポートを得ながら、ECサイトを公開してサプリメントを届けていきたいと計画しています。

ただこのサプリメントは、生理によっておこる症状の緩和をサポートするにとどめたプロダクトにするつもりはありません。

(上の画像は生理用ショーツ「Thinx」が打ち出した広告。ジョーク文化のあるアメリカでも過激だと炎上した)

マーケティングを通して、タブーな生理の価値観に切り込んでいくような取り組みをすることで、当たり前のように生理を口にできる時代を作りたいと考えています。

ただ、男性の僕が生理の事業をするのは変に見えるかもしれません。それでも、今まで男性が参画してこなかったために男性に情報が届かず、理解が十分に得られてなかった生理事情に、少しは役立てるかもしれません。

そんな思いがあって、まず生理の悩みをサポートできる生理用サプリのプロダクトを形にしていきたいです。

というわけで、生理中の彼女を見て、生理をサポートするサプリメントを作りたいと決めたという話と、その宣言でした!

ただもう少し話すと、僕らはまだ始まったばかりで、試作品はあっても共感してくれる人や協力してくれる人が足りていません。この思いから大きな波を作り出していく過程で、共感してくれる人や協力してくれる人は欠かせません。

僕らの思いに少しでも共感していただけたら、

・この記事をいいねやシェア、

・事業を作る上で僕らが必要としているヒアリングや相談に乗る

みたいな形で力をお借りできたら嬉しいです。マーケターやエンジニア、デザイナー、バックオフィス、インフルエンサーという形での協力でも泣いて喜びます。

ご協力いただける方は僕のTwitterか、女性の方が連絡しやすければあいねさんのTwitterもしくはBosyu(下のリンク)にご連絡ください。僕は明日から出張で返信が遅れますが、喜んで返信いたしますので、よろしくお願いします。

以上です。今後も企画製造の過程や抱いている想いをブログにしていくので注目してください!この事業のTwitter(@lisselife)も作ったので、ブログに関するツイートをRTしたり、ブログを投稿したりしていきます。これから頑張っていくぞ〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今月彼女に生理が来たときに、豆乳とココアを買う予定なのですが、その足しにするかもしれません。

なんとまあ
136

Kohtaro

#スタートアップ 記事まとめ

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

長年PMSに悩んでいて、何か良い情報はないかとnoteで#PMS検索してこの記事にたどり着きました。活動応援しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。