見出し画像

No.27ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」No.26はこちら

2017年4月末日

僕は、タクシーに揺られて、ビンズン省の工業団地に入居されている、

お客様の元に急いでいた。

(次のお客さん…絶対に受注する!!)

時はこの日の朝に遡る。朝礼の際、黒川社長から、

「研修チームは、昨年全く貢献出来ていないんだから、今期のスタートである

今月は、絶対に達成しろよ!!田中、分かってるな!!」

「はい!」

…勢い良く返事をしたのは良いものの、午前中1社目で、早々に打ちのめされるのであった。

「いや〜、田中くん、鋭意努力したんだけどさ、やっぱり今期は予算が取れなかったよ。ごめんね〜。」

「え…もう予算組み出来ているというお話で、本日契約の締結という事でしたよね?」

「それがさ〜、本社の社長が、『教育ぐらい、自社で賄え!!』って、凄い剣幕で言って来たんだよね〜。申し訳ないんだけど。じゃあ、この後会議あるから!それじゃ!」

一方的に面談を打ち切られ、打ちひしがれながら、お客様先を後にした。

(ヤバイ…一番の見込み客からの契約が…)

気持ちを切り替えられないまま、お客様先を後にして、近くのカフェに入る。

「あ、もしもし、クエさんですか?マズイです…契約予定だった1社目の企業、契約取れませんでした…」

「え!?どうしたんですか?確か予算にも組み込んでもらっていたという話でしたよね?」

「そのはずなんですが…本社の社長から、急にNOが出たようで…」

「そうですか…でも、ダメだったものは仕方ないですね。次があります!田中さんなら出来ますよ!ゴーレン(頑張れ)!!」

「…そ、そうですね。落ち込んでいても仕方ない!他の企業様に行ってきます!!」

クエさんの後ろで、人材研修チームが、口々に「ゴーレン!!ゴーレン!!」と叫んでいるのが聞こえたのも、僕を勇気付けてくれた。

(よし!!まだまだ回れる先はある!!)

気合いを入れ直し、2社目、3社目、4社目と訪問して行くが、どの企業様からの返事もパッとしなかった。元来、『押して取る』という営業が苦手な事もあり、こういった切羽詰まったシーンで成果を出すようなタイプでもない。地道に関係構築をして、手順と時間をかけて営業をするのが常であった。

(次が最後の1社だ…。)

ふと、タクシーの車内のバックミラーに写った表情を見て、入れ込み過ぎて引きつっている自分の顔が写り、苦笑してしまった。

(こんな表情してたら、ご契約頂けるものも頂けないよね。よし。どうせダメ元だから、リラックスして行こう!)

そう思うと、自然と肩の力が抜けた。

「久しぶりだね!田中くん!テトの彼女の親御さんへのご挨拶はどうだった?」

「お久しぶりです!いや〜、思った以上に修羅場でしたよ!日本人は、歓迎されるなんて噂話は、耳半分に聞かないといけませんね!!」

こんな、どプライベートのなかなか珍しい経験談を前に、この社長様も身を乗り出してアレコレと聞いてきた。リラックスして臨んだ僕は、仕事の話そっちのけで、身振り手振りを交えて、テトの時のイェンの親御さん、親戚への挨拶でのエピソードを面白おかしく話したのであった。

「いや〜、笑った、笑った。田中くん、良い経験したね〜。あ、で今日は何だっけ?」

「あ!仕事の話忘れて帰る所でしたよ!ハハハ。人材研修実施の話、確か少し先とは伺っていたのですが、その後動きはあったかなと思いました。いかがですか?」

「あ!そうそう!ちょうど相談しようと思っていたんだよね!5月か6月で実施出来ない?人数は、そうだな、30名前後だと思う。」

(何〜!?ダメ元で来て良かった〜!」

内心小躍りしている気持ちを抑えて、

「そうでしたか!5月、6月は、何社か研修が入っておりますが、ちなみに、上旬、中旬、下旬ですと、どちらをご希望でしょうか?」

すかさず日程を詰め、何と、全く見込んでいなかったお客様より、ご契約を頂く事が出来たのだった。

お客様先を出た僕は、契約書を写真で撮り、クエさんに送ってから、電話した。

「もしもし、クエさん。やりました…4月予算達成です!」

「うわー!シンチュックモン!(おめでとうございます!)」

「これで、今期、幸先良くスタート出来ましたね。引き続き頑張りましょう!」

「はい!頑張りましょうね!気を付けて帰って来て下さい!」

帰りのタクシーに揺られながら、僕は余韻に浸っていた。

(何とかやれたな〜…お客様と、あとは、イェンとご家族にも感謝だな。)

思い出すだけでも苦しくなる、あのダナンでの経験をした事が、まさか自分の窮地を救う突破口を開くとは思わなかった。

(でも、日本で成果が出ていた時も、思い返したら、こんな感じだよな。自分の事を曝け出して、お酒を飲んで、人間のお付き合いをする。やっぱりこれが正解だよ。)

帰りが遅くなるため、黒川社長に電話で業務報告をした。

「お疲れ様です。最後のお客様で、人材研修のご契約を頂けまして、何とか4月予算達成出来ました。」

「おう!おめでとう!引き続き宜しく頼むぞ!」

「はい!頑張ります!」

電話はそれで切れた。

8:00PM少し前に、オフィスに着いたが、既に誰もいなくなっていた。

(いる訳ないよな…)

「ふうっ」っと少しため息をつくと、誰もいない静かなオフィスで、

受注後の処理を一人黙々と始めるのであった。

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」No.28はこちら


無料 & 予約不要 の英会話教室を、横須賀・三浦で開催したい!! #polca でクラウドファンディング挑戦中です!!

「無料 & 予約不要 の英会話教室を、横須賀・三浦で開催したい!!」 初めまして、田中孝一と申します。 私は、「英語学習の心理的・経済的ハードルを下げる」を目標に、無料 & 予約不要 「ブロークンイングリッシュ-英会話-」を横須賀市内で開催しております。 これまで3日実施して、 6/14(金)1名 6/15(土)2名 6/16(日)1名 オンライン にご参加頂きました! 開催には、 1回当たり、約1,000円(カフェ代500円+電車賃500円)の費用が掛かります。※横須賀中央開催の場合 ご支援で目標金額10,000円が集まった場合、1,000円×9回開催+Polca手数料1,000円 に利用させて頂きます。 ※開催地によって、開催回数が増減する可能性がございます。 横須賀市・三浦市のより多くの場所で、より多くの方にご参加頂けるよう、ご支援を宜しくお願い致します!! - polca(ポルカ)"支援者様のご指定の場所で、英会話教室 または 海外留学&勤務体験談会 を開催致します。"を支援のおかえしとして受polca.jp


※SNSアカウント

【Twitter】


【Facebook】


【Instagram】

#海外 #海外生活 #東南アジア #ベトナム #ホーチミン #アジア #日本 #横浜 #横須賀 #オセアニア #オーストラリア #ブリスベン #ゴールドコースト #会社 #東証一部上場 #営業 #休職 #退職 #ワーキングホリデー #ワーホリ #起業 #個人事業主 #語学学習 #英語 #英語学習 #ベトナム語 #小説 #ビジネス小説 #ビジネス #ノンフィクション #出版 #自費出版 #自費出版するかも #旅とわたし

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「語学学習の心理的・経済的ハードルを下げる」為に、活動して行きます。より多くの人に自分を知って頂く為に、小説を出版します。応援して頂ける事は、Superありがたいです。

You are Legend!!(あなたは伝説だ!!)
8

田中 孝一@🇯🇵🇦🇺🇻🇳ブロークン・ラングイッジ代表

元東証一部上場企業 海外駐在員&ワーキングホリデーを経験し、自己流で英語を習得した経験を活かして、【ワンコイン英会話】、【実戦ビジネス英会話】を開催しています。「言語学習の心理的、経済的ハードルを下げる」がテーマです。

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」※休載中

26歳のサラリーマン田中に、突如、 入社した頃からの夢だったベトナム・ホーチミン駐在の話が!! 有頂天になりながら現地入りした田中に、現地法人社長から、 「選ばれたからには24時間365日働けよ」との言葉。 社畜精神を発揮し、ベトナムホーチミンで昼も夜もなく猛烈に働くが、上...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。