見出し画像

No.28ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」No.27はこちら

2017年4月末日の週末

僕は、レタントン通り20番のファミリーマート前に先に着いて、吾妻さん、西村さんを待っていた。しばらくすると、

「おー!田中くん久しぶり!」

「田中さんお疲れ様です!」

と、お二人がいらっしゃった。西村さんは、この4月からSOCIAL VIETNAMに出向という形で赴任されている。日本でお付き合いのある、地方銀行の出身だ。

「お疲れ様です!どこに行きましょうか?」

「久しぶりに、もつ鍋行かない?」

「もつ鍋良いですね!そこ行きましょう!」

僕らは、レタントン通りを、車の流れとは逆に遡って行く。100メートル程歩き、左に折れると、様々な飲食店が軒を連ねている。

吾妻さんと僕の行きつけ、「博多もつ鍋-天国-!!」は、ヘムの一番奥に位置している。

「こんにちは〜」

お店に入ると、

「いらっしゃいませ!!」

と元気よく声がする。

慣れたもので、僕らはお座敷目指してズンズン進んでいく。

奥から、イカつい見た目の、左右田さんが顔を出す。

「こんにちは!!田中さん、もう結婚した?」

「いやいや!まだですよ!気が早いです!」

「良いじゃないですか、早い方が!結婚したら教えてよ!ビールで良いですか?」

「はい!!」

帳簿にビール3とつけると、すぐにキッチンに戻って行く。

「田中さん、ここ常連なんですね〜!!」

「はい!僕、ホーチミンに来て、ここで人生で初めてもつ鍋を食べて、すっかりハマっちゃって。一時期は、週3〜4回来ていましたね(笑)」

そうなのだ。博多もつ鍋-天国-は、お客様でもあるのだが、それは横に置いておいても、何度も来たくなる程美味い。左右田さんが常駐したのは、今年のテト明けからで、それまでは、代表の泉田社長が、日本と兼任していた。

「はいビールお待ちどう!!注文はどうしましょう?」

「もつ鍋セット3つで!!」

「はーい!!ありがとうございます!!」

また帳簿につけると、キッチンにすっ飛んでいく。

「じゃあ、西村さんの赴任を祝って、乾杯しよう!!」

「1.2.3ヨー!!」

西村さんも、既にSOCIALの歓迎会を終えているので、ベトナム式乾杯も、氷入りのビールも慣れたものだ。

「西村さん、ベトナムには大分慣れましたか?」

「はい、大分慣れましたが、未だにサービスアパートは問題だらけですね。」

「問題ですか?」

「はい。サービスアパートで、洗濯と掃除が週3回はついている筈なのに、定期的に行われなかったり、先週1週間は、お湯が出なくなりましたね(苦笑)」

「え〜!!大変ですね…僕のボロアパートならまだしも、西村さんの所は、かなり良いって評判を聞きますけど。」

「噂と実態は違うものですね。ハハハ。」

「まあ、今の話を聞く限り、しっかりとベトナムライフを満喫しているみたいだね!!」

「ハハハ×3」

談笑している間に、ベトナム人スタッフが、手際良くもつ鍋を調理してくれる。西村さんと、スタッフが、

「OK?」

「NO!」

「OK?」

「NO!」

のやり取りをしているのを面白がりながら待っている内に、気付けば食べ頃だ。

「もつ鍋、凄く久しぶりですよ〜!!うわ!美味い!!」

「俺も久しぶりだな〜!美味い!」

いつも通り美味しいもつ鍋を堪能していると、左右田さんがビールを片手にやって来た。

「左右田さん、お疲れ様です!!左右田さんがいらしてから、どんどんお客さん増えていますね!!」

「まあ、まだまだですけどね!!でも、日本人だけでなくて、ベトナム人のお客さんも増えて来てるから、悪くないかな!!はーい!!今いきまーす!!」

左右田さんは、休む暇なく、別のテーブルに注文を取りに行った。

(確かに、ベトナム人のお客さんも多いな。)

ベトナムでは、「モツは焼いて食べるもの」という認識だったのだが、美容に良いという点をFacebookなどでドンドン売り出して、今や完全にモツに対する認識を変えている。

僕らは、締めのチャンポン、雑炊まで平らげた。

「うわー!!食べた、食べた。美味かった!!じゃあ、そろそろ行こうか!」

吾妻さんは、明日の朝からまた出張だそうで、お店を出た後すぐに帰って行った。僕と西村さんは、僕の家の近くのガールズバーで飲み直す事にした。

「この辺、ガールズバーが多いですね〜」

「何だか、最近は更に増えて来てますね!」

ベトナムに日系企業が増えるにつれて、日本人を相手にしたお店も急速に増えている。この、ガールズバーが良い例だ。僕が赴任した1年前は、数える程しかなかったが、いつの間にやら、2〜3倍の数のお店が出来ている。

適当なお店に入ると、流暢な日本語で、

「いらっしゃいませ〜!!」

と、活気ある声がする。皆、お店で働き始めると、日本語のマニュアルを配られ、始めはほとんど日本語が話せない所から、接客をする中で徐々に日本語を覚えるのだ。やはり、日本語は流暢な子が指名を多く獲得するので、なかなかに厳しい世界だ。

僕は、銀行というと「半沢直樹」しかイメージがないし、西村さんの事もまだあまり知らなかったので、接客につく女の子はさておいて、様々お話を伺った。

(西村さん、ずっと銀行畑で揉まれてきた洗練されたビジネスマンて感じだな〜)

とても気さくで、良い兄貴分を得た気がした僕は、内心嬉しかった。

お店で会計を済ませ、帰り道、西村さんがボソッと言った。

「田中さん。あまり無理しないように気を付けて下さいね。私、銀行で、無理をして潰れていった人達を沢山見て来てますから。この1ヶ月見させて頂いて、お仕事大変でしょうが、くれぐれもご無理しないようにして下さいね。」

静かながら、説得力のある言い方に少し返事がためらわれた。が、すぐに思い直し、

「ご心配ありがとうございます。でも、まだ若いですし、全然大丈夫ですよ!!西村さんも、オフィスに居て頂いて心強いですし!!」

「そうですか!とにかく、無理は禁物です!これからお世話になりますが、宜しくお願いしますね!」

「こちらこそ、宜しくお願いします!」

そう言って、西村さんと別れ、帰途についた。

西村さんの心遣いが嬉しかったが、これまでも辛い時期は乗り越えて来たし、「自分は大丈夫!」という気持ちが強かった。

しかし、西村さんの忠告は、残念ながらこの後的中するのだった。

明日に続く…


無料 & 予約不要 の英会話教室を、横須賀・三浦で開催したい!! #polca でクラウドファンディング挑戦中です!!

「無料 & 予約不要 の英会話教室を、横須賀・三浦で開催したい!!」 初めまして、田中孝一と申します。 私は、「英語学習の心理的・経済的ハードルを下げる」を目標に、無料 & 予約不要 「ブロークンイングリッシュ-英会話-」を横須賀市内で開催しております。 これまで3日実施して、 6/14(金)1名 6/15(土)2名 6/16(日)1名 オンライン にご参加頂きました! 開催には、 1回当たり、約1,000円(カフェ代500円+電車賃500円)の費用が掛かります。※横須賀中央開催の場合 ご支援で目標金額10,000円が集まった場合、1,000円×9回開催+Polca手数料1,000円 に利用させて頂きます。 ※開催地によって、開催回数が増減する可能性がございます。 横須賀市・三浦市のより多くの場所で、より多くの方にご参加頂けるよう、ご支援を宜しくお願い致します!! - polca(ポルカ)"支援者様のご指定の場所で、英会話教室 または 海外留学&勤務体験談会 を開催致します。"を支援のおかえしとして受polca.jp

※SNSアカウント

【Twitter】

【Facebook】

【Instagram】

#海外 #海外生活 #東南アジア #ベトナム #ホーチミン #アジア #日本 #横浜 #横須賀 #オセアニア #オーストラリア #ブリスベン #ゴールドコースト #会社 #東証一部上場 #営業 #休職 #退職 #ワーキングホリデー #ワーホリ #起業 #個人事業主 #語学学習 #英語 #英語学習 #ベトナム語 #小説 #ビジネス小説 #ビジネス #ノンフィクション #出版 #自費出版 #自費出版するかも #旅とわたし

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「横須賀市民全員を、ブロークンイングリッシュスピーカーにする!」を目標に活動しています。サポート頂けますと大変ありがたいです。

Amazing!!(信じられない!!)
10

田中 孝一@🇯🇵🇦🇺🇻🇳ブロークン・ラングイッジ代表

元東証一部上場企業 海外駐在員&ワーキングホリデーを経験し、自己流で英語を習得した経験を活かして、【実戦英会話】を開催しています。「横須賀市民全員をブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に活動しています。

ノンフィクション小説「ブロークンライフ!!」※休載中

26歳のサラリーマン田中に、突如、 入社した頃からの夢だったベトナム・ホーチミン駐在の話が!! 有頂天になりながら現地入りした田中に、現地法人社長から、 「選ばれたからには24時間365日働けよ」との言葉。 社畜精神を発揮し、ベトナムホーチミンで昼も夜もなく猛烈に働くが、上...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。