iOSDC Japan 2019 iOSDCチャレンジ!

こんにちは、koishiです。普段はStudyplusでiOSエンジニア(アプリ開発者)をしているものです。
今年もiOSDCが9月5日(木)〜9月7日(土)まで開催されております。本エントリでは今回のiOSDCで実施されているiOSDCチャレンジについてまとめてみたいと思います。

iOSDCチャレンジとは

会場や参加スポンサーの事前ブログ、その他の箇所に隠されているトークン(#から始まる文字列)を自分の名札のQRコードから表示できるiOSDCチャレンジサイトに入力するとスコアが加算され、そのスコアで何かしら表彰されるという企画です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://blog.iosdc.jp/2019/08/28/iosdc-challenge/

一部の人に伝わる例で挙げるならばHUNTER×HUNTERのG・I(グリードアイランド)編の指定ポケットカード集めや、Ready Player One(レディ・プレイヤー1)のイースターエッグ探しのような宝探しに近い催しと言えばわかりやすいような気がします。
ちなみに現時点での私のスコアは以下のとおりです。

トークンのありか

一部の人からトークンが見つからない、どこにあるのかわからないという声を聞きました。それなりにトークンを見つけてきた私が探し方をまとめてみたいと思います。

・1 会場の至る場所
iOSDCの配布物や会場のいたるところに隠されています。おそらく目にする#〜という文字列はほぼトークンと思って間違いありません。何気なく掲示されているハッシュタグのようなものを入力してみましょう。
全てを探すことは難しいと思いますが、例えば他の参加者がツイートしている写真などに写っている場合もあります。見つけたトークンは全て入力しましょう。

・2 スポンサー企業のブース

会場にはスポンサーによるブースエリアがあります。こちらにも隠されているようなので、ぜひスポンサーのブースをまわってゲットしましょう。当然ではありますが、iOSDCチャレンジのトークンを手に入れるだけではなく、ブースの方とお話していただけると技術的な面での情報交換ができて楽しいかと思います。見つけたトークンは全て入力しましょう。

・3 スポンサー企業の事前ブログ
スポンサー企業によるIOSDCに関する事前のブログにもトークンが隠されています。全ての企業を回ってトークンを手に入れましょう。
見つけ方は各企業のTwitterアカウントなどからも探すことができますが、
公式サイトの以下のブログのリンクから探すのが手っ取り早いと思われます。見つけたトークンは全て入力しましょう。
https://fortee.jp/iosdc-japan-2019/blog-link

加算されるスコアについて

他の人より早く入力した方が高得点なトークンと固定のトークンがあるようです。スポンサー関連のトークンでは1000〜800、会場で見つかるトークンは800〜500が多いように思います。

いかがでしたか?

本エントリではiOSDCチャレンジに関してまとめてみましたが、その目的は
まだiOSDCチャレンジされていない方がiOSDCチャレンジするきっかけになれば良いという強い思いと、iOSDCに関するブログ記事を書いて報告するとトークンがもらえるからです。

残り1日ではありますが、無理せず楽しみたいと思います。
運営スタッフの方々、登壇者の方々、スポンサーの方々に感謝いたします。

見つけたトークンは全て入力しましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

mego(koishi)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。