空は真っ赤で

雨粒を 少しこぼした 赤い空
あわてて駆け出す 痺れた腕で

リコーダーが少し聞こえる昼間には
珈琲が入るのを待ちわびる

寝過ごしたぐらいがちょうどいい日には 知らない街の知らないお店へ

小説はページをめくる催眠術
別の世界へ 私をいざなう

わたしには 足りないくらいがちょうどいい
満ち足る日待つ そのドキドキが

(あとがき)
短歌です。読んでください。

(2019.6.23 文:ケビン)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

小磯通信

小磯通信 現代短歌部

小磯通信で投稿した短歌をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。