恋するように旅して〜ウズベキスタン編⑨ブハラ

夜が明けて、今度は場所を移しブハラへ。

再び快適な特急列車でババーンと移動。

…お姉さん、、、

メイちゃんじゃなくても叫ぶよ…。
「ほんとだもん! 本当にトトロいたんだもん! ウソじゃないもん!」

そうこう遊んでるうちにブハラ着。

車で移動し、遊園地みたいなところに来た。
…と思ったら唐突に現れる建造物。

中央アジア最古のイスラム建築、イスマイール・サーマーニ廟。
醸し出す、親愛なるドラクエのほこら感…。

実はブハラの街自体が数百年も土に埋もれていたため、モンゴルに攻められた時も気づかれず残り続けた遺跡です。

そこはかとなく、年季を感じる。
いきなりバグってモノクロになったあせりのような、いきなりのモノトーンにびっくりしつつ。

中から見ると外はスケスケ。

猫にも愛される。

ブハラ自体、ウズベキスタン内でも観光地になっているので、バスもずらーり。

あら、いいにおい。シャシリク屋さんと思われ。

ぶらぶら歩きながら、続いてボラハウズ・モスク。

正面に池があるし、ちょっとおもしろい造形だなぁと思って、中に入ったら…

絶句。

何層にも重なる青のグラデーション。
外と全く違う、すーっと通る寒いほどの空気。

荘厳な空気感に、ここには人間を凌駕した何かが「いる」と直感的に感じてしまうほどの神聖さに飲まれた瞬間だった。

こんなとこ、あるの。

しばらく惚けて、ふと我にかえり、外に出る。

後にも先にも、入った瞬間あれほど衝撃を受けたのは、ここだけ。

…としんみりしつつも、お腹は減る。そろそろお昼ご飯。今日のランチはどうしよっかなー。

かわいい感じのレストランへGO。

毎度のトマトきゅうりサラダとナン。もうここまでくると、日本のお通しみたいね。

そしてポテトと卵とコーンのサラダ。こちらも安定感あるおいしさ。

こちらはウズベク風ラーメン?
ラグマンとはまた違う麺料理。

羊のミートボールは、噛み締めると羊さんの味がこんにちはする。
そういえば羊肉って焼きでしか食べたことないから、スープと合わさってジュワッとするのは初めて。
スパイスきいてて、臭みはなく、コンソメ風のスープとよく合う。

そしてメインは、焼き鳥ー!
もちろんムネ肉。塩です。

写真からは分かりづらいかもですが、本当に柔らかい。鶏もも肉好きなわたしですが、こっちでは本当にムネ肉食べたくなる。

そしてネギ間ならぬ、きゅうり&トマトが挟まってくる。

これ、塩味なんやったら日本でもいけるんちゃうかなぁ。と思える組み合わせ。
たまにズッキーニがバーベキューで挟まってるてるけど、もう少しメジャー扱いされてもいい!


さて、気がつけばウズベキスタンの旅も折り返しを過ぎてきた。

引き続きブハラの街を散策です。

#ウズベキスタン
#ブハラ
#グルメ
#ボラハウズモスク
#シルクロード

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

金子 さおり

関東在住の食品会社営業。関西出身で、入社後は5年間の九州勤務の後、東京へ。各地のおいしいお店で、お食事とお酒をいただくのが至福のひと時。ここ10年は、昔からの歴史好きが高じて、ちょこちょこ海外行ってます。

恋するように旅して〜ウズベキスタン編

18年4月末に行ったウズベキスタンの記録。 首都タシュケント、シルクロードのセンター街である青の都サマルカンド、最後のイスラム建築があるブハラ… 魅惑的で美しい建物と、様々なこと旅人を癒してきた地元飯の数々、そして東西交易の中で歩んだ歴史をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。