見出し画像

言葉の奥行き。


言葉が抱える奥行きに
ときどき戸惑うときがある。

この間テレビで見たのだけど
京都府民は
「そろそろお開きやないの?」
という意味で
「お茶もう一杯いかがですか?」
という言葉を使うらしい。

こういう建前上のセリフが
私は怖くて仕方がないのだ。

「お前さっさと帰れや!!」と
率直に言われた方がまだマシである。

負の妄想力に長けている私は
言葉の奥行きに様々な感情があることを
嫌でも想像してしまい
それだけで泣きそうになる。

「ありがとう」という言葉に
嫌味の感情が含まれているような気がして
一日中鳥肌が立っていたときもあったし

「また今度飲も!!」という言葉に
「はやく帰らせて」という意味を拾って
内心落ち込んでいたときもある。

言葉って、本当に怖いものだと
つくづく感じる。

でも、生きていく上で必要なものだから
どうしても使わざるを得ないのだ。

最近、オノマトペで会話ができまいかと
本気で考えるときがある。

「ぽんぽんー」
「ぽんぽん!ぽんぽんぽん!!」
「……ぽん」
「ぽんぽんぽんぽん!!」
「……ぽ…ん…」

これなら喧嘩だって可愛いのに……。


*Instagramで「オノマトペ日和」毎日投稿中*
アカウントはこちらから。

こちらのマガジンでもまとめております。
よければほかのエッセイも読んでみて下さい(^ ^)

*はじめて私の記事を読んで下さった方 ▷プロフィールはこちらです


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをご検討されている方、ブックカバーの購入も考えてみて下さい。あなたが大好きな「世界」を私に守らせて下さい。 手作りブックカバーの店「心象風景」 ▼ショップページはこちら▼ https://koji-bookart.jimdosite.com/shop/

膨らむように生きてゆく🎈
8

Koji ( コジ )

「文学 × アート」をモットーに書いたり描いたり作ったりするマルチアーティスト。手作りブックカバーのお店「心象風景」店主。小説 / エッセイ / 抽象画 / お店ブログ等 ショップはこちら👉https://koji-bookart.jimdosite.com/

ほんわかコラム「オノマトペ日和」

日常生活の中で出会った音や感情などをもとにしたコラム集です。(5月半ばより一旦お休み中です)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。