見出し画像

田舎者に思うこと

モチーベート本は得意じゃない

先日kindleの音読機能で「夢をかなえるゾウ」を読了(聴了?)しました。

ストーリー調で読みやすくはあったんですが、元来モチベートノウハウ系の本があまり得意ではない僕は、本作品もそのカテゴライズをでることなく、なるほどなあという感想で終わってしまいました。

覚えきれないほどの教訓の中で、特にこれはと思ったのが一つあります。

自分がやってて夢中になれること、なおそれが誰かのためになることを仕事にしなさい

ぼんやりとした解釈でしか記憶してないのですが、多分こんなようなことが書いてました。(全然違ったらごめんなさい。僕はあの本読み終わった時にこれだけ残りました)

ちょっと考えたんですが、僕がけっこう前から気になってていつか解決したいと思ってること。それが田舎についてのことなのでした。

田舎について思ってきたこと

僕は田舎出身です。本当にど田舎です。

電車がないから高校まで自転車で片道1時間かけて通ってました。

当時高校生の僕は、このままこの田舎で人生終えるのが怖いとなぜか漠然と思っていました。それなりに学生生活は楽しんではいたんですが、なぜかもっともっと違う世界で生きたいとも思ってたのです。

大学進学を機に、東京での生活をはじめ、転勤等も経験しましたがかれこれ10年近く地元の田舎を離れて生きています。

ちょっと無理して東京の大学に入ったわけですが、そこで初めて地元で育った人以外の人とまともに付き合いながら感じること。

東京で生まれ育った人の意識、というかチャンスと、田舎で生まれ育った人の意識とチャンスは、すごく差があるということ。

そう感じだ時、自分の地元や地元の人々を思い、なんとも言えない悲しさを覚えました。

田舎は貧しい、都会は裕福とか、そういう問題ではない何かがある。

それは、あまりにも深く意識レベルで根付いているため、気づくこともないし、気づいても別にそういうもんだと思ってします。

そう、田舎に生まれただけで、大きな意識格差が生じてしまう可能性がぐっと上がってしまうということです。

仮に選択肢があっても、選択するという意識を持たないまま、田舎での生活が続いていくのです。

幸福論について、田舎と都会の切り口で論ずるつもりはありません。他人の幸せを僕は定義できないので。

なんだけど、選択への意識関しては、生まれによって最初から高いや低いが決まっていいものじゃない気がするんです。みんな平等で、意識して選択して生き方や生きる場所を決められてもいいんじゃないかなと。あってもいいのではないかと思うのです。

漠然とやりたいこと

自分はほんとたまたま選択することができて、今の環境にいます。

その結果は一部努力とかによって形づくられてるかもしれないけど、その選択をしようと思った意識は本当にたまたま持ったものだった気がします。

今の時代、選択肢自体はネットで手軽に調べてしることはできます。

しかしそもそも選択肢を調べようとする意識すらなければ、当たり前ですが情報も選択の手助けには一生なりません。

どうしたらいいか全然わからないけど、なんかこの意識の差について、僕はすごく疑問を感じています。だから漠然とではあるけれど、都会と田舎の選択に対する意識の差をどうにかして埋めることをして観たいと漠然と思っています。

それは何も田舎の人が都会に来ることを美化して先導したいわけではありません。それは都会の人にも田舎での暮らしや田舎の人々の人生を選択できる意識を持ってもらうことも同じくらい重要なことなのですから。

おんなじようなこと考えてる人

Twitterにたまたま田舎について書いてある記事が流れてきて、読んだらとても頭の良さそうな人が僕が適当に思ってたことをけっこう具体的に(ちょっと極端に)記事にしてました。

田舎出身者の中でも意見が割れているところに、本格差の根深さを感じたと書いてあったのが印象的でした。

ちょっと機会をみて、僕がより田舎都会意識の差問題を気にするきっかけになった田舎差別の話も書こうと思います。

どちらかというと田舎都会の問題から、差別と偏見がこうも簡単に生まれるのか〜こわいな〜という議論になりそうですが…


もうすぐお盆休みで田舎の実家に帰ります。年々、田舎の実家のことが好きになってる気がします。楽しみ。


PS:

低温調理器でサラダチキンを作り始めましたが、いっぱしの料理として成り立つくらいうまい。柔らかくてジューシー。みなさんもぜひ。

ちなみに僕はハマりすぎてお弁当に持って行ってます笑


Twitterやってます↓


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

こじくん

20代後半、男、都内勤務のサラリーマンです。目の前のことだけ最短経路でこなしてきたんですが、目に見えない余計なことがしたくて、でもどうしたら良いか分からなかったので始めてみました。生活の中で思ったことを書いてみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。