見出し画像

大切な物事はどこで見つかるかわからない:「この世界の片隅に」を観て

こんばんは。

先日地上波で「この世界の片隅に」が放映されてました。

上映していたころ観に行きたいと思ってたんですが結局行けてなくて、満を辞しての地上波放映も見逃してしまいまして…

さすがにこれは観たいと思って、Amazonプライム・ビデオで観ました。


アニメ映画ってあんまり観ないので、空き時間に刻んで観ようかなくらいの軽さで観はじめたんですが、これはしっかり観ないといけない作品だと思って、まとまった時間作ってじっくり観ました。

あらすじ

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

公式サイトから引用しました。

太平洋戦争渦中の広島が題材となっています。終戦記念日が近いことからも、この時期の地上波放送となった感じがします。

たくさんあるテーマの中で、特に話したいこと

本作は、非常にたくさんのメッセージが含まれている作品だと思います。

・戦争について

・生き方について

・家族について

・恋について

・結婚について

・日本について

見返したらもっと感じるもの考えることがありそうです。

僕がこの映画で一番心に残った一言が、主人公すずさんの最後のシーン。

(↓これ以降はネタバレ含むので気をつけてくださいね〜)


「周作さん、ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて」

周作さんは、すずさんの旦那さんです。

子ども時分に、橋の上で偶然会ったすずさんに一目惚れした周作さんが、広島からすずさんを探し出して、呉に嫁にもらます。

18歳、自称のんびり生きてきたすずさんは急によく知らない(子どもの頃会っていることを覚えていなかった)周作さんと結婚&全く知らない土地にひとりで嫁ぐ&家内として一家を切り盛りすることに。

あれよあれよとことが運んでしまったすずは、最初はなれずにホームシックになったりしますが、持ち前の素直さで徐々に新生活にも馴染んでいきます。しかし、戦争がそんなすずの生活を壊していきます。

物語の中で本当にいろんなことがあって、すごくつらい経験もしたすず。そんなすずが最後の最後に、初めて周作さんと出会った橋の上で、彼に言った一言がこれです。

「周作さん、ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて」

いきなり見ず知らずの土地に嫁いで、戦争でとんでもなく辛いことを経験して、それでも最後にすずはこう言ったのです。

僕は、すずがこういう風に思えたのは、もちろん周作さんが一目惚れしたすずを探し出して一途に愛し続けたおかげもあるんですが、一番はすずがこの世界の片隅(見ず知らずの土地、辛い戦争)の中でも、幸せを見つけるようまっすぐ生きたからだと思うんです。

裕福じゃないと幸せは手に入らない、運命の人と結ばれないと幸せな結婚はできない、一回壊れてしまったら取り戻すのは難しい。21世紀の日本にはそんな雰囲気がある気がします。ネットニュースとか追ってると特に…。

でもね、幸せは世界の片隅でも見つかるんです。がむしゃらにまっすぐ生きていれば。

だから辛くても、なんか日頃つまんねえなでも、ひたむきに生き続けて、幸せを見つけたと思えるようになりたいです。

どんな世界の片隅にでも、幸せはある。

そう思いました。


PS:

昨日の記事とのギャップすごいですね。

まあ実際自分の気持ちにも一貫性なんてないから、あんまり統一感とかコンセプトかがっちり決めすぎずに思ったことを書いていきます!

あとちょっとでお盆だね!


Twitterやってます↓



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

こじくん

20代後半、男、都内勤務のサラリーマンです。目の前のことだけ最短経路でこなしてきたんですが、目に見えない余計なことがしたくて、でもどうしたら良いか分からなかったので始めてみました。生活の中で思ったことを書いてみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。