見出し画像

罪を憎んで人を憎まず

こんばんは。

さすがに再開後1日で休止したら、冨●先生よりやばいっつうことで気張って書きます。

今日は珍しく仕事中思ったことを。


実は今日私、仕事でミスを連発しまして非常にヘコんでおります。

今、運用系の仕事をやっていて毎日作業者(派遣の方)の作業をチェックしています。

今日たまたま作業者の方がお休みだったため、僕が作業をして僕の上司にチェックしてもらうことになりました。

実はこの運用に携わってまだ1ヶ月程度しか経っていないこともあり、僕が作業者になるのは今日が初めてでした。

不安もあったんですが、

「まあ先輩が作った手順書もあるし、派遣の方も難なくこなしてるくらいだから何とかなるだろ!」

って感じで進めたところ、案の定ミスりました。

ミスはシンプルでツール上に記載してある手順を読み飛ばして、必要な手順を抜かして作業してしまった結果、上司のチェックが上手くいかず今日の作業は中止になりました。

チェック側としてイキってたのに、いざ作業者になったらすごく単純なミスをして上司に迷惑をかけてしまった…これは落ち込みます。

そんな僕に上司が帰り際声をかけてくれました。

上司「正直●●さんが悪いとか全く思っていません。運用とは初めてやる人でも・誰でも、ミスなくできる形にまで仕上げる必要があります。だから、●●さんの初回のミスっていうのは非常に貴重なんです。お客様向けのサービスも社内の運用もこう言った小さなミスや気づきからきちんと改善することが重要なのです。だから手順書やツールを改善していきましょう。チームに言いづらい雰囲気があったら、僕に言ってください。」


↑やばくないですか!神でしょ。神。

この上司の金言を聞いた時、脳裏に浮かんだのが

罪を憎んで人を憎まず

という言葉。

調べたら孔子の言葉みたいです。聖書にも同様の言葉があるとか。


なんかうまくいかないことがった時、原因の追求は非常に重要だと思います。でも、追求した結果それを誰か属人のせいにしては絶対にダメだと感じました。

「●●さんがポンコツだったんで、注意しときました」

これは改善になっていないですね。必ず同じミスが同じ確率で起こります。


言われてみれば当たり前なんですけど、やっぱり人のせいにしたくなります。その方が楽ですからね。

今回のミスって正直自分が気を抜いていたことも原因の一つだと思うんですけど、こう上司に言われると、自分が気をつけるのはもちろんだけど、もっと広い視点で仕事をして、仕事の流れ自体を改善できるようにしようってめちゃくちゃモチベートされました。


仕事だけじゃなくなんかやなことあった時、事件があった時、特定の人を責めて終了〜ではなく、根本なぜそれが起きたのかどうしたら起きなかったのか考えれる人になりたいなと思いました。

というわけで、僕の上司は孔子という話でした!


Twitterやってます↓

PS.

ミスのリカバリーで残業したおかげで、久々にファミマの弁当買って夜食べました。

おつまみコーナーに売ってるタン塩スティックって超うまくないですか?

弁当だけじゃで足りないってときいいですよ〜



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

こじくん

20代後半、男、都内勤務のサラリーマンです。目の前のことだけ最短経路でこなしてきたんですが、目に見えない余計なことがしたくて、でもどうしたら良いか分からなかったので始めてみました。生活の中で思ったことを書いてみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。