最近人生がすごい

こんばんは小島です。
最近人生がすごいんです。(雑

この感じは、私が昨年末に骨折し、1ヶ月以上入院していたあたりからのことだと思うのですが、すごく不思議だなと感じる出来事が沢山ありまして、、


それが何かと言うと

運命の出会いが多過ぎる

ことなのです。

なんかスピリチュアルな匂いがしてしまいそうなんですけどそういうことでもなくてもっとシンプルに。。

入院中に読んでいた本(正しくは漫画)、
「君たちはどう生きるか」

この、下界からかけ離れた状態で1ヶ月間という時間を過ごした私は、(しかもほぼ軟禁状態)自分と向き合う時間あまりにも多く、触れるもの全てを自分の中に吸収していたと言っても過言ではない状態になっていました。良い意味でですよ!!!

研ぎ澄まされていたといいますか、そんな感じ。

当時のメモなのですが

「何が君をあんなに感動させたのか」

今、本が手元にないからよくわかんないんだけど(笑)自分が少しでも感動したモノやコトに対して、それが何故、どうしてなのかという疑問を深く追求していく大切さを教えてくれたような内容だったと思います。

↓これはおそらく引用


心から感じたことや、しみじみと心を動かされたことを、くれぐれも大切にしなければいけない。胸からわきでてくるいきいきとした感情に貫かれていなくてはいけない。

これを受けて、入院中の私はいろんなことに感動していたことを、改めて振り返りました。

・この入院生活が楽しすぎてどうしても退院したくないと思ったこと。(笑)
・看護師さんがみんな優しくて大好きだったこと
・リハビリのトレーナーさんとの会話がとにかく面白くてまじで友達になりたい!と思ったこと
・いろんな友人達がたくさんお見舞いに来てくれたこと、たくさんお世話してくれたこと、保護者になってくれたこと (幸せだった〜笑)
・これをきっかけに私に会いに来てくれた人がいたこと
・とにかく全部がまじで最高だったこと(笑)
・でもこの生活もいつかは終わるということ
・この全部は、奇跡の骨折&入院があったからこそ感じられたものだったということ

この楽しさも嬉しさも寂しさも感動も、それすべてが有限なんだ!!!!って気付いた時、退院するその日まで、本当に全部を大切にすると決めました。

(私がどれだけ入院LOVEだったかは…当時のことを知ってる人間にはきっと伝わっているかな…)

退院してから

しばらくの病院ロスを味わったあと(やばい笑)
ポカーンと生きていたんです。

あの入院は幻だったんじゃないか?と思うほどもう日常に溶け込んでしまってはいるんだけど、やっぱり入院前の自分とはどこか違うくて

あんなに感動した心を持った自分も久しぶりだったし、その感情を大切にするためにも、やりたいこと全部叶えていこう!ってことで

リハビリのトレーナーさんと、リハビリの現場以外でしっかり喋りたい!!!というのを、先日叶えてきました!お酒!焼肉、焼肉ー!(看護師の友達のおかげやで!)

そして、その人はもう勝手にこじまの中で大好きな人に認定されてしまったので(笑)喋りたい、友達になりたいと思った私の直感は正しかったんだなと、自分すげぇなって思ったり、私のその一方的な要求を受け入れてくれたトレーナーさんにも感謝なわけです。まじ好き!!

その他でも、なんかすごい自分が研ぎ澄まされてて(笑)直感がすごい働くんです。

あ、私きっとこれ好きだ!っていうのが、ファーストインプレッションでなんとなく分かるというか…


もう1人、
もしかしたら本人がこれを読むかもしれないから恥ずかしくて詳しくは書かないけど(笑)

とあるイベントで出会って一瞬で「あ!」って思って、後日飲みに行っていろんな話をして、今まさにヒートアップしているユメノスちゃん(笑)

数日でこんなにドーンと距離が近づく人っているんだ!ってびっくりしてるのと同時に、たしかにそうなるような感覚は最初からあったような気がするんだよ!!っていう感じ。

なんか、すごいんだよ!!!笑
地球どうなってんの?なんかうちらに力かけましたか?って思うレベル

って最近つくづく感じているのは私だけかもしれないが…(笑)

とにかく
研ぎ澄まされてますよ〜
小島研ぎ澄まされてますよ〜

退院してからしっかり会いたい人に会えてるし、欲しいものとかもたくさんあるし(?)やりたいこともいっぱいあるから、あぁ人生って楽しいのかもなぁって思い始めています(笑)

そう思えてる自分が嬉しいし、全部周りのおかげなんだよね!! 好きに囲まれて生きてます!!ワタシ!!


以上、【夜中のテンションで書く日記は翌日見たら多分やばいよ!】のコーナーでした(?)

(まさしく深夜に書いたラブレターがやばいみたいな状況がくがくぶるぶるみんなあんまり気にしないでね)

あはん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。