見出し画像

写真家を目指す21歳の小山素直さんが岐阜から東京にやってきました 令和元年10月13日 日刊Jobweb 104号

ジョブウェブ代表佐藤孝治です。

◎本ノート(日刊Jobweb)は、
大学4年生の1996年10月からジョブウェブコミュニティの運営を開始し23年に渡り個人のキャリア支援と企業の採用支援を続けてきた筆者が

 ------------------------------------------------
 本質を追求したキャリア教育サービスを通して
 幸せに生きるための契機を提供し続ける  
 ------------------------------------------------
 
ことを目的として、2019年7月1日から毎日お届けしている、あなたの人生を変えるきっかけを提供するノートです。
 
 ★佐藤孝治プロフィール
 https://peraichi.com/landing_pages/view/jobweb

─────────────────────────────────
■ジョブウェブ代表佐藤孝治です。

私は写真家を目指す21歳の小山素直さんを応援しています。

画像1

どういう経緯で、私が小山素直さんを応援することになったのかについては以下のnoteに詳しく書きました。テレビドラマのストーリーでそんな展開あるのかねというくらいの不思議な展開でご縁をいただきました。

イギリスに留学している純一郎くんに紹介いただきました。そして、素直くんとZoomで話をしました。わかったことは、まずは住む場所がないと困るということです。

というわけで私の繋がりのあるシェアハウスを運営している方におつなぎしました。私もお伺いしておつなぎしたかったのですが、私は札幌に出張していたので、直接訪ねてもらいました。

就活生向けのシェアハウス「そのまんま荘」の荒木孝文さん、王子にあるつながりを育むシェアハウス「我がや」の能西 豊史さんをご紹介しました。そして、神楽坂にあるシェアハウス「カグラボ」の大石 慎治さんをご紹介しました。とてもいい時間になったと報告をもらいました。

■そして2回目の上京のタイミングで初めて直接お会いしました。東京に来てくれたタイミングで、私の知り合いのプロのカメラマンを紹介する約束をしていました。ちょうど良いタイミングでお休みを取られていたので、ランチをご一緒させていただきました。

中日新聞社編集局写真部に勤務されていてEssential Management Schoolでご一緒させていただいている岩本旭人さんをおつなぎしました。岩本さんには、2019年5月12日に開催された赤羽馬鹿祭りで私が太鼓を叩いているところを撮影していただきました。そんな、中日新聞社編集局写真部の岩本旭人さんとランチをしながらカメラマンの仕事について聞きました。

■渋谷に移動してフリーカメラマン佐藤雄治さんと合流しました。私の実弟です。

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

濃いお話になりました。音声は近日公開します。

■昨日、ジョブウェブの元インターン生から「祖父と一緒にやっているアパートが一部屋空いたのですが、孝治さんの知り合いでどなたか住みたい人ないですか?」と連絡をもらいました。早速、見学してきました。

素晴らしい環境でした。

画像7

画像8

画像9

画像10

■一緒に沼ハウスに行きました。沼ハウスの皆さんとのアポが今日になったので、私もご一緒しました。鍋を用意して歓迎してくれました。

画像11

画像12

沼ハウスの皆さんと小山素直くんのこれからについて話をしました。

エッセンシャルマネジメントスクール幸せ5.0+メンバーの懇親会のカメラマンとして撮影を担当しました。撮影した写真はこちらです。小山素直くんに撮影を頼むとこのような写真を取ってくれるという見本になるかなと思って撮影してもらいました。とても素敵な写真です。



撮影をしてもらって、岐阜に帰る前に、エッセンシャルマネジメントスクール幸せ5.0+メンバーからこれから東京で頑張っていこうとしている小山素直くんへアドバイスをもらいました。気づけば、終電ギリギリの時間でした。大急ぎで走って帰って行きました。

最後に、小山素直くんが2日間東京で滞在して、いろんな方に会って思ったことについてインタビューをしました。

■岐阜に帰ってからこんなメッセージをもらいました。

こうじさん、2日間、本当にありがとうございました。最後の最後で本質をつく質問をEMSの皆様から頂き、私自身、改めてビジョンと写真について考える必要があることに気づかせて頂けました。さまざまなご縁を繋いで頂き、誠にありがとうございます。

あれから自分の本当のビジョンや写真という手段について考え、自分の最終的な夢は「海外を旅して、写真や言葉で旅先の雰囲気や人々の空気感を表現すること」だという結論になりました。だいぶそれてしまったような感じもしますが、自分はやはり海外や知らない場所を旅し、その場所やそこに息づく人々の息遣いをとらえることにワクワクを感じます。フランスやオーストラリアの時もそうでした。写真のジャンルでいうと「ドキュメント写真家」に近いと思います。

自分が望む形は、「自分が生きて、旅を通して感じること、学んだことを写真や言葉で表現し、それを価値として発信していくこと」です。オンラインサロンなどいろいろ方法はあると思いますが、自分のしたいことの本質をありのまま伝えるとこういったものです。イメージが新鮮なうちに言葉にしてこうじさんに伝えておこうと思いまして、メッセージさせて頂きました。

素晴らしい東京滞在になってよかったです。今後の小山素直くんの活躍を楽しみにしております。

─────────────────────────────────
佐藤孝治からのお誘いです─────────────────────────────────

■感謝される人事Zoomオンラインセミナー
10月21日(月曜日)
12:00~13:00 佐藤孝治講演「感謝される人事で採用の悩みが解決する」
13:00~14:00 Q&Aタイム(入退場自由)
ご参加をご希望される方はこちらからご登録をお願いいたします。オフィスやご自宅からご参加いただくことができます。
https://zoom.us/meeting/register/e185597354229ad3cde7dc3c8da9331e

■ジョブウェブ代表佐藤孝治の活動は、noteとLINEとfacebookで発信しています。ぜひ以下の3つをフォローいただければ幸いです。いつかどこかでお会いできることを楽しみにしております。

▼日刊Jobweb  https://note.mu/kojisato

▼LINE公式Jobweb  http://nav.cx/2m5QcyG

▼Facebook公式Jobweb https://www.facebook.com/jobweb.page/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
(株)ジョブウェブ代表の佐藤孝治です。キャリア面談やセミナー等を通じて幸せに生きることを支援。就職と転職だけでなく、起業、副業、スキル向上など支援中。大学4年時ジョブウェブ創設。新卒でアクセンチュア入社。99年ジョブウェブ法人化。著書「内定の原則」「<就活>廃止論」早稲田大学卒。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。