小さな夢は、どんどん叶えよう

わたしが物心ついた頃からの夢のひとつが、
「山形でさくらんぼをお腹いっぱい食べること」でした。

それをおととい、やっと叶えてきました。

30分食べ放題で、103粒をぺろり。もっと無心になって食べたらよかったかもしれませんが、農園のお兄さんとの話がはずみ(向こうの作戦?)、ここまで。これでも相当お腹いっぱいになりました…!

念願叶って、いま本当に幸せ気分です。

なんだなんだ、夢ってそんなことか。

そんな風に思った人もいるのかな、と思いますが、そんなことでいいと思うんですよね。

こんな小さな夢を叶えただけで、わたしはすごくうれしいし、今日からまた張り切っちゃうぞ!って思ってる。それで充分すぎませんか?

夢、というと、どうしてもスケールの大きい話のような気がしてしまうけれど、必ずしもそうではないと考えています。というか、大きい夢は叶えるのに時間も努力量もかかるから、道中に小さい夢がたくさんあってもいいよね。それをたくさん叶えながら大きな夢に向かっている方が、絶対に楽しい。

わたしはいつだって大げさなので、“小さい夢“と表現しているけれど、これはまあ普通にいうところの“願望“ですよね。

この願望はもっと後で、もっと自分が成長してから、もっと頑張った後のごほうびにしたいから…

小さい夢を大きい夢と同じように捉えて、先延ばしにしててもいいことない。とりあえずやってみたら自分は満足するし、その次の機会も生まれるし、満足感のもたらすエネルギーでどんどん先に行けるようになる。

さくらんぼ狩りをとっておきのコンテンツとして神格化してたけど、そんな捉え方しないで、何回も叶えた方が自分はうれしいんだって気付きました。だからまたしばらくしたら、叶えに行こうと思っています。

わたしには、他にも大小さまざまな夢があります。
いつも「自分のお店を開くのが夢!」なんて言っていますが、それだけではありません。例えば…

・お部屋のジャングル化
・パイ投げ
・ブルーベリーの山に顔を突っ込んで食べる
・ロードバイクで日本一周
・多拠点生活

自分の夢を叶えられるのは、自分の行動のみ。
だから、今日からまた元気いっぱい走りまわります!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたの今日のラッキーカラーは、まっくろ!
7

こけちゃん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。