見出し画像

ファイト・クラブ ーMr.グロテスク David Fincher

デヴィッド・フィンチャー監督。
ブラッド・ピット、エドワード・ノートン主演。

『セブン』というフィンチャー監督映画をみて、面白い人だなーと思いみました。

主人公はアルマーニ、イケア、高級家具、など評判がいいモノを買って身を固めている。
物質主義の世間に迎合していた。つまらない毎日を過ごしていた。
ある出張の帰り、タイラーという人物に出会い意気投合する。
さらには、帰ると家が爆破しており、タイラーの家に泊めてもらうことに。
タイラーは主人公とかけ離れた人物であり、
服は毎日同じ革ジャン、なにも持たずに廃墟に暮らしていた。
二人は秘密の場所で決闘するグループを始める。「ファイトクラブ」だ。
ファイトクラブは徐々に広がっていき、犯罪組織へと変貌を遂げる。
タイラーの暴走、それを止めたいが止められない主人公、、、

最後は衝撃的な展開が待っています。

1、物質主義について
 これは1999年の映画です。物質主義は今ではもう当たり前のものとして受け入れられています。むしろ、次の段階として、精神主義的な時代へと移行しているとも言われています。
物にこだわり、質にこだわり、発信者にこだわり。。。
そんな私たちにとって、タイラーのような人物はたいへん魅力的に感じます。
軸がぶれず・周囲の意見を気にせず・仲間思いの人物って、とても説得力がありますよね。
だからこそ、ファイト・クラブが支部ができるほどになったといわれても、タイラーならば納得です。

2、狂気の演出
 『セブン』や『ファイト・クラブ』での狂気の演出がすごく上手に気持ち悪く、恐ろしいです。
「グロテスク」という言葉を美しく表現できている演出だと思います。
汚さ・暗さ・汗ばんだ感じ・人間の生物としての側面など。
それらを上手に組み合わせていくことで、
フィンチャー独特の「狂った世界観」が完成されていると思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Ko

勉強のために見た、映画やドラマの感想を書き留めていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。