<TOEIC900点越え迄の道のり(8)児童書の紹介:A Wizard of Earthsea(Ursula K. Le Guin)>

<概要>
今回も児童書の紹介です。ゲド戦記シリーズの第1作目をご紹介します。
第3作目がジブリのアニメ映画になりましたね。
人間の心理に踏み込んだ視点を持つ本であり、児童書というカテゴリーだからと大人が読まないのはもったいない本だと思います。

1.影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

https://amzn.to/2XL8hib

少年ゲドがハリー・ポッターと同じように魔法を学ぶために学校に入るものの、自分が周囲の人間より優れていることを証明するために、学校で禁じられている魔法を使って「闇」を呼び出してしまい、それと対峙する物語です。
その「闇」の本当の名前を呼ぶと征服できる、というストーリーだったと思うのですが、ラストの「対決」の部分の描写で「そういうことか!」と当時驚いたことを覚えています。
ハリー・ポッターよりはやや「いけすかない」描写のゲド少年ですが、旅を通して成長していくのがよくわかります。

2.A Wizard of Earthsea: The First Book of Earthsea (The Earthsea Quartet)

ハードカバー版のリンクを貼っていますが、Kindle版、Audible版でも楽しめるようです。272ページということで、以前紹介したナルニア国物語は200ページ弱だったことから、少しだけ長いと思っていただければいいのではないでしょうか。
人の名前がやや読みにくかった記憶がありますが、それは自己流に流してもらってよいでしょう。
旅を通して成長するゲド少年とエンディングの「闇との対決」の描写を楽しんで頂ければ幸いです。
ゲド戦記シリーズはこの後も続くので、第1作目が面白いと思ったら、是非継続して読んでみてください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。 英語の勉強や自炊を気負いなく淡々と楽しく出来る人が増えるといいな、と思っています。

「スキ」ありがとうございます。嬉しいです。
2

Kouki0120

草月流4級師範。簡単なつくりおき料理や、スープを作るのが好きです。 留学経験無く仕事でも使ってないのにTOEIC900点超えを達成しました。料理や英語の勉強方法について、記事を書きます。 呟き→https://twitter.com/Kouki0120_tw

私の英語の勉強法と楽しみ方

私が今まで取り組んだ英語の勉強に関連した記事をまとめました。 何かのヒントになれば幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。