見出し画像

スクラムにおける3つの役割

スクラムの3つの役割(ロール)

スクラムには、3つの役割(ロール)があります。逆に言うと、3つしかありません。この役割が非常に重要です(色々と難しい用語が出てきますが、用語一覧にて解説しますので適宜参照してください(作成中・・・))プロダクトオーナー、開発チーム、スクラムマスターという3つの役割です。この3つをすべて含めて、スクラムチームと呼びます。

役割毎の責任


・プロダクトオーナー(Product Owner/PO) ・・・ プロダクトバックログを管理し、優先順位を決める。スクラムチームのROIの最大化について、責任を持つ。
・開発チーム(Development Team/Team) ・・・ プロダクトバックログをスプリント内でどのように実現するかに責任を持つ。開発チームは、クロスファンクショナルなチームであることが望ましい。
・スクラムマスター(Scrum Master/SM) ・・・ スクラムチームに透明性、検査、適応が適切に運営されているか常に確認し、少ないと考えればそれを是正していく。スクラムチームが健全にスクラムを実施できていることに責任を持つ。また、スクラムが適さない仕事、開発において、スクラム以外の手法を提案する責任を持つ。スクラムマスターは、プロダクトオーナーを支援する。スクラムマスターは、開発チームを支援する。スクラムマスターは、開発チームに入る妨害を防ぐ(例えば、急な割り込み作業がスクラムチーム外から飛び込んできた場合などはそれを防ぐ)

いわゆるプロジェクトマネージャやラインマネージャ

スクラムにはプロジェクトマネージャやラインマネージャという役割は存在しません。もしプロダクトの計画を立てる必要がある(従来のプロジェクトマネージャの役割)ならば、TeamとPOが協働して計画を立てます。プロダクトバックログが適切に運営されていれば大まかな計画は立てられるので、プロダクトのリリース時期や仕事のマイルストーンなどを目標にスクラムチームの意識をあわせられます。一方、プロダクトバックログが適切に運営されていないと、計画がないようなものになり、透明性が薄れ、スクラムチームに混乱が生じます。予算の管理は、ROIに責任を持つPOの役割ですが、予算を透明にし、スクラムチーム内なら誰でも現在のスクラムチームの状況を把握できるようにすると良いと思います。
 よく議論になるが、契約の管理です。一部の開発や仕事を外部に発注している場合、その契約の管理は誰のタスクとなるのでしょうか?唯一の答えはありませんが、もし開発チームが外部に仕事を委託している場合は、開発チームのタスクとなります。もしPOが自身の仕事の一部を外部委託しているならばPOのタスクとなります。唯一の答えはありませんので、ケースバイケースでスクラムチームで議論をしながらよりやりやすい仕事の仕方を選択していけば良いと思います。
 ラインマネージャ(職制)も議論になります。多くの組織では階層型組織を引いており、階層内のマネージャというものが存在します。階層内のマネージャの役割は、他の部署との整合、予算管理、評価、トップ・マネジメントと現場との橋渡しなどと思います。ラインマネージャを無くすことは難しいとは思いますが、その多くのタスクや責任・権限をPO、Team、SMに委譲していくと良いと思います。そのために、一度、ラインマネージャの仕事を見える化し、各役割にプロットしなおす(会社の決まりによりどうしても委譲できないもののみラインマネージャの仕事として残す)ということをやります。その場合、ラインマネージャの仕事は減るように思いますが、より人や組織を支援する存在になれると思います。マネジメントとは、場を作り、環境を整えることでもあります。非常に優秀なマネージャは、SMと協力して職場改善を行う強力な存在となれると思います。

役割の兼務について

多くの組織において、スクラムチームに充分な人数がいないケースがあり、各役割を兼務することがあるかと思います。これまでの経験から、スクラムマスターが開発チームとの兼務は(オススメはしませんが)可能かと思います。ただし、プロダクトオーナーと開発チームの兼務、プロダクトオーナーとスクラムマスターの兼務は非常にむずかしいので推奨しません。プロダクトオーナーと開発チームが兼務の場合、優先順位をつけるのが、作りやすい順番になったりし、ROIを充分に考慮できなくなることが多いからです。開発に時間を取られ、市場環境の調査やプロダクトの方向性について充分な検討をプロダクトオーナーができなくなります。プロダクトオーナーとスクラムマスターの兼務の場合、開発チームが孤立します。スクラムマスターは良いコーチであり、中立的なファシリテータである必要があります。なので、ベストは専任です。やることは山程あると思います。

まとめ

スクラムには3つの役割があります。役割にはそれぞれ責任があります。プロジェクトマネージャやラインマネージャの役割は各3つの役割に(できるだけ)分散させます。役割の兼務は基本オススメできません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Koki Shimizu

【組織・プロセス・プロダクト改善】 アジャイル・スクラムをメインとして、チームによる、より良い仕事の仕方、製品開発、組織活性化、チームビルディングをご支援します! アジャイルコーチ、スクラムマスター、プログラマ Certified Scrum Professional

スクラム

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。