見出し画像

努力しても叶わないなら努力すれば良い

こんにちは、冨田です。

「努力しても叶わないなら努力しない」「努力しても叶わなかった」きっとそれは努力の量が足りないからです。

僕自身、努力というワードは常に考えていました。「どれだけ努力すれば良いのか」「本当にこの努力は合っているのか」そんな気持ちでした。

僕は今、起業に向けて毎日奮闘中ですが、正直この努力は合っているのかどうか結果が出るまで不明です。ですが、努力しない事には何も変わらないので僕はひたすら努力しまくります。

[努力は結果が出るまで努力ではない]

たまに「これだけやれば満足だ」と言う言葉を耳にします。
果たしてその結果はどうなのか、いざ蓋を開けてみると、目標の50%だったり、80%だったりで100%、120%達成している事は少ないでしょう。

努力をする事で、また努力を他者に見せながらする事で人は認めてくれます。「ここまでやったんだ」「凄いね」って。

でももしも、努力した人が会社経営者だったらどうでしょうか。
努力して結果が出なかった時、会社は存続出来るのか、また右肩上がりに伸ばす事が出来るのかどうか。正直これは曖昧です。

確かに社長が努力している会社は魅力的で、社員もその努力を見れば見る程、応援してくれるかもしれません。

ですが結果の出ない社長だと、応援してくれる社員はいても不安をもつ社員も出てきてしまいます。

努力したら最終的には結果を出さないと、努力が努力と認められなくなる。0ではダメで、最低でも1にしないと、肯定はされません。

[どんな努力も結果が出ないと肯定されない]

努力している過程は、頑張っている姿は魅力がありますが、結果が出ないと努力の肯定はされにくいです。

結果が出て初めて今までの努力が報われます。逆を言えば、結果が出なければ、努力は報われません。

もしも努力が報われたいのであれば、一度始めた努力は最後までやり抜いて結果を出す必要があります。

[努力しても叶わないなら努力する]

努力をしても『報われない、結果が出ない、夢が叶わない』それはまだ努力の量が足りないからです。

1勝9敗思考というユニクロ社長、柳井さんの言葉もあります。この言葉の通り、やっぱり9回負けても1回勝つようにするべきなんです。

努力が報われないのは、努力の量が足りないからです。まだまだ努力出来ます。

もしかしたらあと少し努力すれば叶ったかもしれないのに、途中で努力をやめてしまうのはもったいないです。

ゴール目前で、努力をやめてしまうのはもったいないです。

諦めるか、諦めないかではなくて、最後までやり抜くと決めてから努力した方が、絶対に良い将来になります。

ps.やり抜けば努力は叶います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は次の挑戦に活かします!!

SNSはプロフィールに。
1

冨田 光樹

サロン幹部をしつつ、ブログやnoteを書きつつ、SNS発信もしています。最近は起業に向けて奮闘中です。技術も記事書きも好きでやってます。自己紹介ページあります。/僕のTwitterはこちら➡https://twitter.com/S_h_koki0726
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。