結婚しないのは新時代の人類だから、じゃない?

「結婚したいと思ってるけど、
彼氏できない歴が長いし、
私の無意識はほんとは
結婚を望んでないのでしょうか?
好きな人もしばらくいないのです」

という質問をいただきました。
ありがとうございます。

さて、
好きなひとがいないのに
結婚を望むのはなぜでしょうか。

それは、「結婚はするものだ」というすりこみがあるからです。

していないと変に思われる
親がうるさい
子どもを産みたい

結婚したい理由をお聞きすると
こういう風におっしゃる方が多いです。

そして、

結婚したいと本気で思えない自分はおかしいのでは??
子どもも、ちゃんと感じてみるとそれほど欲しいわけじゃない。
これって私はダメなんじゃないか?

と悩まれるケースもあります。


しかし、今の時代。
寿命も伸びて平均寿命100歳の時代がくると言われています。
AIが日常生活レベルで活躍する時代がもうそこまで来ています。

未来から考えて、

私たちは今までみたいなスピードや数で繁殖をする必要性をもう感じていないんじゃないか?

と私は思うんです。


結婚して子どもを持ちたい、
というのは繁殖のためのDNAに刻まれた古い時代のプログラムで、その役割を担うひとと、それを「しない役割」を担う人のバランスがあり、今の時代はそのバランスが昔と当然ながら違う。

そんな風に私は思うんですよね。

だから、
結婚や子どもを持つことに何年も意識を向け、追いつかない現実に苦しむのは、もうやめていいのではないかしら。

私たちは、
新時代の人間なのですもの。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんだかんだ、上手くいくもの♪
6

Riena

りえ奈の常識超えな人生相談

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。